スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡くなった父を思い出した

普段、気にも留めていない事が切っ掛けとなって故人を思い出すことが多い。

先ほど、サッカーをテレビ観戦しながら酒を飲み、自分のブログの訪問者履歴(FC2ブログの訪問者リスト)を眺めていた。その中で、ウサギの飼育ブログを書いている人が居た。そのブログを見て、子供の頃に飼っていたウサギを思い出した。そして、亡くなった父との思い出が蘇って来た。

自分が子供の頃、父は何人かの弟子を持っている大工の棟梁だった。その頃、自分は動物を飼うのが大好きで、犬や猫を拾ってきていた。何度も父に怒られたが、動物好きの母の助けもあり、犬、猫、ウサギ、文鳥、リス、魚、亀、蛇、トカゲ、虫、飼いたい動物は全て飼った。

初めて飼った動物は犬だった。
犬小屋は父が作ってくれた。

次は猫を飼った。
父は猫が家へ出入りできるドアを作ってくれた。

文鳥を飼ったときは、凄く立派な鳥小屋を作ってくれた。

ウサギを飼ったときは、大きなウサギ小屋を作ってくれた。

魚を飼うときは、一緒に魚釣りに行ってくれた。
これ一回きりだったが、父と一緒に行った魚釣りは今でも良く覚えている。

亀、蛇、トカゲは隠れて飼った。(父は爬虫類が大嫌いだったから)

カブトムシやクワガタは、採り方を教えてくれた。

自分や弟の勉強机は父が作ってくれたものだった。

こうやって書いてみると、悪い父ではなかったように思うのだが…。

自分は二十四歳を過ぎるまで、父が大嫌いだった。

理由も判らずに、散々怒鳴られたからだ。
理由も判らずに、散々殴られたからだ。
優しい言葉など、かけられた記憶も無い。

そんな父だった。

自分が子供を持ち父親となった時、なんとなく自分の父親が子供に対して一生懸命に頑張っていたことが判った。自分の父は父親がどのようなものなのか、どうやって子供を育てていけばよいのかをしらなかった。自分の祖父にあたる父の父親は、父が物心つく前に亡くなっている。父は父親とはどんな存在なのかを知らないで育っているのだ。

だから、父の子育ては不器用だった。
本当に不器用だった。


そんな父だったが、子供の為に自分の出来ることを一生懸命やっていたんだよなぁ。
犬小屋も鳥小屋もウサギ小屋も勉強机も、俺の親父が俺の為に作ってくれたんだ。

あの時の俺は「ありがとう」と素直に言ったのだろうか。
ちゃんと感謝しただろうか。


酒を飲んでいるせいもあると思うが、色々と思い出してしまって、何かせつない気分で一杯だ。
父が死ぬ前に風呂に入れてあげたかったのに、入れてあげられなかった…。

明日、一人で墓参りに行ってこようと思う。

父が亡くなって、もう少しで二年になる。
我が家の墓には、亡くなった父と弟が一緒に眠っている。

明日は男同士で昼間から飲みたいと思う。


スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

ゴルフの呪い

20代の頃、何度かコースにも出た。一緒にプレイした人に、初心者にしては筋が良いと褒められもした。自分も面白いと感じたので、少し練習もした。ゴルフ道具にもそれなりに金をかけた。だが、もう10年以上コースにも出ていなければ、練習場にもいっていない。ゴルフ道具は物置の一番奥にしまわれている。

多分、もうゴルフはやらないだろう…。

先日も取引先の社長から誘われたが、「自分はゴルフが下手なので、迷惑かけますから」と言ってお断りした。間違いなく今の自分がコースに出たら、他の人に迷惑をかけるだろう。それなりにコースに出ても問題ないところまではプレイできるようになっていたのに、今ではコースに出てはいけない状態なのである。ちゃんとボールを飛ばせないのだ。

何故か?

それは、ある人にゴルフを教えたもらってから、どうにも上手くボールが打てなくなってしまったからだ。

取引先の重役に、物凄くゴルフが上手い人がいた。教えるのが大好きで誰かに自分のゴルフを教えたくて仕方が無いような人だった。この人が無理矢理自分の師匠のような感じになってしまったのだ。

この師匠に練習場に連れて行かれ彼独特のコーチを受けるのだが、これがよく分からない…。
何度か連れて行かれたが、練習するたびにスイングがバラバラになっていく。

「ドライバーで打つと右に曲がってしまって駄目です」
「よぉーし、教えてあげるよ」
「お願いします」
「まず見ててね。コツを言いながら打つから」
「コツを言いながら打つ?」

そう言うと師匠はいきなりボールを打ち始めた。
「スッとあげて、シュッ、ビシッ、バーン!」
「はぁ?」

「いまのように打ってみて」
「えっ?」

「シュッとやって、ボールに当てるときにビシッとやって、最後はバーン!」
「ん?」

「ボールに当てるときのグッとしてビシッが大事ね」
「はぁ…」

「擬音の部分はタイミングですよね?」
「タイミングじゃないよ。ビシッはビシッだよ。わかるでしょ、ビシッ!」

わかんねぇよ…。

教え方は、ほぼ全て擬音。
擬音に伝えたい全てがこもっているようだ。

このような教え方で上達する訳が無い。
教えてくれていた師匠も痺れを切らしてきた。

「よし! コースに出よう!」
「えぇ!」
「来週行こう、来週ね」
「いや! ちょっとそれは…」

無理やりコースに出る羽目になった。

前にコースに出たときに、一緒に回った人からドライバーをもっと練習すればスコアが上がるよと言われ、その練習をしようと思っていたのだが…。

何の練習をしたのだが…。

コースでは散々だった。

自分が打とうとすると、後ろで「シュッ! ビシッ! バーン!」と小声で言うのだ。これが俺の耳にはしっかりと聞こえる。気になって仕方が無い。マナー違反じゃねぇのかよと思いながらも、自分のために言ってくれていることだし、取引先の重役でもあるし、文句は言い辛い。「うるせぇよ!」と何度も言いかけたのだが、その度にグッと堪えた。

集中など出来る訳も無く、最初から散々なスコアで回る。

この日、最も辛かったのが池越えのあるホールだった。

「この池越えはアイアンの○番で打たないと駄目だよ」
「えっ? それで越えられますかねぇ?」
「これで越えないと、上達しないよ!」

言われたアイアンで、何度打っても池ポチャ。しょうがないので池の横をまわしていこうとしたら、「逃げちゃ駄目だよ! 逃げちゃ!」と言われてしまった。そして、再び何度も池ポチャだ…。

池をボールが越えていく気がしない。

打つたびに後ろで師匠が「シュッ、バシッ、ポチャーン!」と言っている。「ポチャーン」はボールが池に落ちる音だろう。使う擬音が度々変わる。これが腹立つ。

どうにか全てのホールを回りきった。
スコアは散々だった。(未だにこの時のスコアは覚えているが、恥ずかしくてここに書く気にならない)

その後、他の人と練習場に行くことは何度かあったが、師匠とは行っていない。

他の人と練習場に行っても、耳に「シュッ! ビシッ! バーン!」の声が聞こえてくる…。

「シュッ、 ビシッ、 バーン!」
「シュッ、グッ、バシッ、ドーン!」
「シュッ、バシッ、ポチャーン!」

呪いだ…。
呪いをかけられてしまったのだ…。


もう、自分はゴルフをやらないだろう。
いや、やれない。

面白いと感じていたゴルフだが、今は怖いと感じている。
クラブを握るだけで、呪いの擬音が耳に聞こえてくるだ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。