スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いパソコンに Bodhi Linux をインストールした

自分が所有している古いパソコン(SOTEC M373RW)に Bodhi Linux 1.4.0 をインストールした。

このパソコンには、Vine Linux 5.x と Zenwalk 7.0 と antiX-M11 をインストールして使用していた。メインのOSとして使用していたのは Vine Linux 5.x だ。気に入っていたのだが、Vine Linux 6.x になってから上手く動かなくなった(シャットダウンができなくなった)。それ以来、SOTEC M373RW には電源を入れることもなくなっていたのだが、VMware Player で試したみた Bodhi Linux が非常に軽快だったので、これを試してみることにしたのだ。

トリプルブートで使用していたので、OS をインストールしている HDD は細かくパーティーションを切っている。この HDD を元に戻してから Bodhi Linux をインストールした。

インストールは問題なく終了。
その後、日本語環境も問題なく設定することができた。

使えれば使いたいぐらいの気持ちでインストールしたアプリも問題なく使用できた。自分が我慢強くなっただけかもしれないが、思ったほど重く感じない。

clamav 関係のアプリをインストールして、havp もインストールしてみたが、思ったほど重く感じない。
予想以上に軽快に動いている。

これはイケそうだ。

現時点では、古いパソコンの再生には Bodhi Linux がよさそうである。


スポンサーサイト

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

まだ使いたい2003年の春に販売されたパソコン

7月の末頃から、2003年の春に販売された FMV DESKPOWER L20C の調子が悪い。

修理のための覚書 FMV L20C CPUファン交換 で書いたように、調子が悪い原因は FMV DESKPOWER L20C に内蔵されていたTVチューナー (キャプチャカード)の不具合にあった。デバイス マネージャでTVチューナー(キャプチャカード) 関係を無効にしたのだが、調子は良くならない。先日、とうとう起動しなくなってしまった。

TV キャプチャカード を本体から抜いておけば良かったのだが、抜くまでに色々とカバーを取り外さなければならないのが面倒くさくて、取り外さずにどうにかしたかった。この考えが良くなかった。

もう8年も前に販売されたパソコンだし、忙しいから直す暇も無いので、このまま直さなくても良いかとも考えたのだが、やっぱり2014年までは使いたい。忙しいのに面倒臭いのだが、TVチューナー (キャプチャカード)を取り外して、WindowsXP を再インストールし、再び使用することにした。

WindowsXP を再インストールしてから長いアップデートを終え、不要なアプリケーションを削除して、必要なアプリをインストールして、色々と設定して…。

調子が悪くなる前は COMODO Internet Security を使用していたのだが、今回は Panda Cloud Antivirus に変えた。ネットで動画を見たり、音楽を聞いたりすること以外では使用しないので、 Panda Cloud Antivirus で十分では無いかと考えたのだ。これは正解だった。以前より WindowsXP が軽く動くようになってくれた。

これで、また当分の間は問題なく使えそうである。

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。