スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux とウイルス

Windows をメインマシンに仕事を続けてきた自分が、Linux を使用しているときに最も気を使ってしまうのはウイルス(マルウェア)に対する防御だ。

Windows を使用していれば、ウィルスの防御などのセキュリティ対策には気を使う。

しかし、Windows と違い Linux では、ウイルス(マルウェア)に対する防御にそれほど気を使わなくても良いと言われている。多くのウィルスは Windows を対象に悪さをするものだし、Linux に入り込んでも悪さをすることは通常出来ない。実際に、Linux では ClamAV 以外のアンチウイルス ソフトは普及していないし、有料のアンチウイルス製品もそれほど発売されていない。まぁ、Windows 比べて、そのユーザ数が絶対的に少ない Linux を対象としたアンチウイルス製品を発売してところで、儲けは知れている。サーバ系以外の Linux では、ウイルス(マルウェア)に対する防御に、さほど気を使うことも無いのかもしれない。

でも、気になるのである…。

Windows ではアンチウィルスソフトを入れ、ファイアウオールソフトを入れ、スパイウェア対策ソフトも入れる。兎に角、セキュリティには気を使うのが通常である。ここまで、気を使っていても偶にウイルスが入り込んでくる。その度にアンチウィルスソフトを入れ替えたり、ウイルスを無料のオンラインスキャンでスキャンしたりと、非常に面倒臭いのである。でも、これが Windows を使用するための、最低限行わなければならない作業だと思う。

Linux を使うことで、気になってしょうがないウイルスに対する防御から開放されるなら、こんなに嬉しいことは無い。Linux を使い始めた一つの理由として、このアンチウィルスソフトを必要としないことがあったのだが…。

結局、気になってしまうので、ClamAV をインストールする。その他にも、様々なセキュリティ対策を施す。そして、古いパソコンにインストールした Linux は、どんどん動作が遅くなる…。

古いパソコンにインストールした Linux は、偶にしか起動させていない。ここまでセキュリティ対策に拘る必要性は無い。しかし、色々とやってしまうのである。

どうしてもアンチウィルスソフトを入れておかないと、安心できない…。

これは、アンチウィルスソフト依存症なのでは?
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。