スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMware Player で Ubuntu 8.04 を使う

Linux をインストールしようとして、散々な目に遭っている FMV L20C に仮想マシン・ソフトの VMware Player をインストールした。全ての元凶は SiS650 チップセットである。Windows 上で動く、仮想マシン・ソフトの VMware Player であれば、問題ないと考えたわけだ。しかし、 FMV L20C は2003年1月に発表されたものだ。6年以上前のスペックで、仮想化した Linux を快適に使用できるだろうか?

少々不安でもあるが、兎に角 Linux を FMV L20C で使いたいので試してみることにしたのだ。

VMware Player を使うのは今回が初めてだ。
色々と調べて見ると、そんなに難しくはなさそうだ。

ITPro の下記リンク先に詳しく解説されている。
フリーで使える仮想マシン・ソフト「VMware Player」

仮想化して使用してみた Linux のディストリビューションは Ubuntu 8.04 の「VMware用Ubuntu仮想マシン」だ。拍子抜けするほど簡単に使えた。

しかし、快適では無いような…。
これから、様々な設定と調整を行わないと、仮想化しただけで終わりそうな…。
関連記事

テーマ : どーでもいいこと
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。