スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMware Player で Xubuntu 9.04 を使う

一時、使用していた Xubuntu を再び使う気になった。

その理由は、大した理由ではない。VMware Player で Ubuntu 9.04 が上手く使えたので、より軽い X Window Manager である Xfce を使用した Xubuntu なら、より快適に使えるだろうと軽い考えによるものだ。

インストールに時間がかかりすぎている気がしたが、どうにか終了。

早速、Xubuntu を起動させてみると…。

解像度を変更しても設定が保持されていない。
思ったより軽快に動いて無い。
Bootchart をインストールして、起動時間を計測すると3分42秒もかかっている。

これは、どう考えてもインストールの失敗だ。

現在ではロースペックの FMV L20C で VMware Player を動かしているために、起動に時間がかかるのは十分承知だが、これは異常に遅い。同じ条件下で使用している Ubuntu 9.04 は、何の設定変更もしていないインストール直後に Bootchart だけをインストールして計測した起動時間は遥かに短かった。(この時はホストOSである Windows XP Home の高速化や軽量化なども、まだ行っていなかった。)

再インストールしてみる。

今度は、スムーズにインストール出来たようだ。
インストールにかかった時間も、前回よりもかなり短縮されている。

で、Xubuntu を起動させてみると…。

ログインしてみると、ディスクトップの壁紙が表示されていない。そして、やっぱり解像度を変更しても設定が保持されない。動作は快適に思えるのだが…。

また、インストール失敗だろうか…。

解像度の変更だけでも、ちゃんと保持されれば、このまま使用しても良いのだが…。

何度、設定してもダメだ。

もちろん、xorg.conf の編集も散々行ってみた。Vine Linux 5.0 と Ubuntu 9.04 、CentOS 5.3 を同様に VMware Player 上で動かしているので、その設定を参考にしてみたりしたのだが、全然ダメだった。

VMware Player を利用してるとはいえ、最終的にはハードの問題なのだろうか?
FMV L20C は17インチ・ワイドモニターの一体型ディスクトップパソコンである。xorg.conf の Section "Monitor" の部分を編集して、HorizSync と VertRefresh の値に実際に使用しているモニターの仕様に合わせて設定してやれば、上手くいきそうなのだが…。

何処を調べてみても、モニターの仕様が判らない…。
分解したときに、モニターの裏をよくみておけば良かった。何処かに書かれていたかも知れない…。

もう疲れた…。

面倒臭くなってきたので、サックリ削除してしまった。しかし、Xfce は古いパソコンをどうにかして使用したい貧乏性の自分には、慣れておきたい X Window Manager である。他のディストリビューションの利用も考えたが、慣れている Ubuntu系のものがやはり良い。

仕方が無いので、Ubuntu 9.04 を追加で一つインストールして X Window Manager を Xfce に変更して使うことにする。

今夜は、寝るまでその作業を行う予定だ。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。