スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうにかならんか! 猫の餌の臭い!

家の中に広がる、このなんともいえぬ臭い…。
それは、猫の餌の臭いだ!

どうにかならんか!

母の飼う猫に問題があるわけではない。自分も猫は好きである。しかし、あの猫の餌の臭いは頂けない。

市販のキャットフードは、どうしてあんなに臭いのか?
臭くないキャットフードってあるのか?

猫は鼻の効く動物ではないというが、それでも人間ぐらいは鼻が効くのではないのか?
あんなに臭わなくてもいいのではないか?

父や妻は、あまり鼻の効くほうではない。母は蓄膿症で、鼻は全然効かない。自分と子供たちは人より鼻が効くほうだ。しかし、猫の餌の臭いに文句を言っているのは自分だけ。学校に行って、帰ってくると猫の居ない自室に入る子供たちは、さほど苦になっていないようだ。

猫の餌を猫の食事の時だけに出しているならば問題も無いと思うが、飼い主である母は常に猫が餌を食べられるようにしている。

四六時中、臭うのだ!

どうにも我慢できない!

しかし、いくら臭いから止めてくれと頼んでみても、蓄膿症の母には通じない…。
猫を飼うことに対して嫌がらせを言う息子ぐらいにしかとらえていないのだ…。

妻や子供たちを引き込んで母に訴えれば、少しは効果があるだろうと思うが、狭い家での6人暮らしの我が家に目に見えぬ亀裂が入ることは明白だ。それが分かっている妻は何も言わない。父は鼻が猫の餌の臭いに慣れてしまったようだ…。

色んな消臭剤を試してみたが、今のところこれといった効果が無い。お香を焚いたりして、臭いを紛らわしてみたりもした。

でも、猫の餌の臭いは無くならない…

夏場は窓を開けることが出来たので、結構臭いは家の外に流れていったようだ。
問題はこれからである。冬場は窓を開け放っておくことは難しい。去年の夏に、外壁を外断熱効果の高い素材でリフォームしたばかりなのに、冬場に窓を開けっぱなししておくのでは、何の効果も無いだろう。愚痴を言ったら切が無い…。

一年間、猫の餌の臭いを我慢してきた

しかし、もう嫌だ! どうにかならんか!
関連記事

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。