スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vine Linux 5.0 の仮想コンソールの数を減らす

VMware Player で動かす Vine Linux 5.0 の仮想コンソールの数を減らして、リソースを無駄に消費し無いようにする。仮想コンソールは便利な機能だと言うが、ほとんど使ったことが無い…。
初期設定では6つも仮想コンソールが設定されているが、ほとんど使いもしない自分には6つも要らない。リソースの無駄遣いを減らして、ロースペックなパソコンでも快適に動かすために、仮想コンソールを2つに変更してしまうことにした。

Ubuntu 9.04 の場合は、/etc/default/console-setup ファイルと /etc/event.d/tty1 から /etc/event.d/tty6 の各ファイルを編集する必要がある。Vine Linux 5.0 にも 、/etc/default/console-setup ファイルがあるのだろうと必死で探しまくったのだが、そんなファイルは全然見当たらない。

よくよく調べてみれば、基本的なことだった…。

initが行うべき処理を定義している設定ファイルの /etc/inittab を管理者として開き編集する。
仮想コンソールの起動に関する部分は以下の箇所に書かれている。

# Run gettys in standard runlevels
1:2345:respawn:/sbin/mingetty tty1
2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6

上記の部分を探し出して、不要な仮想コンソールをの行をコメントアウトする。tty1以外の全部の行をコメントアウトしてしまえば、よりリソースが増えるのだろうが…。tty1以外の仮想コンソールが一つも起動していないのも自分は不安だ。

# Run gettys in standard runlevels
1:2345:respawn:/sbin/mingetty tty1
2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
# 3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
# 4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
# 5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
# 6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6

保存して再起動する。

再起動したら、端末(ターミナル)を開き、実行中のプロセスを表示する ps コマンドに aux のオプションをつけて実行し、設定が反映されているかを確認する。オプションの aux は、デーモンが実行したプロセスを表示させる。

$ ps -aux

表示されたプロセスの中に tty3~tty6 が無ければ、これらの仮想コンソールは起動していない。

/etc/event.d ディレクトリにある tty3~tty6 のファイルは何も弄らなかったが、問題無かったかどうかは不明だ。とりあえず、問題はなさそうなのでこのままにしておく。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。