スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いパソコンには Vine Linx が良いと思う

VMware Player で動かす Vine Linux 5.0 を以下の内容で設定してきた。

 1. VMware Player で動かす Vine Linux 5.0 の起動高速化と軽量化
 2. Vine Linux 5.0 のディスクトップのアイコンを消す
 3. Vine Linux 5.0 の仮想コンソールの数を減らす

さらに、自分のロースペックマシンの VMware Player 上では Vine Linux 5.0 から音が出なかったので、サウンド関係のアプリをバッサリ削除してしまった。

以上のように散々に弄り回してみた結果、以下のようになった。

■ VMware Player をインストールしたパソコン

 CPUCeleron 2.00GHz
 Memory1024MB(VRAMに36MB使用)
 OSWindowsXP Home SP3


■ 起動高速化・軽量化終了後

 メモリー使用量合計 751MB使用済 167MB空き領域 584MB


メモリーの使用量は端末(ターミナル)で、free コマンドを実行して調べたもの。

Vine Linux 5.0 インストール直後の状態から見ると、起動時間は若干短縮し、メモリーの空き領域は35MBほど増えた。軽快なウェブブラウザである「Midori」の動作も、本当に軽快になった。この設定を仮想マシンを動かしているパソコンよりもロースペックのパソコンにインストールした Vine Linux 5.0 にも試してみることにする。こちらは、ハードディスクに普通にインストールしているものだ。ある程度の設定は行ってしまってあるが、もう一度やり直すことにした。

■ Vine Linux 5.0 をインストールしたパソコン

 CPUCeleron 733MHz
 Memory512MB(VRAMに11MB使用)


■ 起動高速化・軽量化終了後

 メモリー使用量合計 501MB使用済 196MB空き領域 305MB


既に色々とインストールしてあるので、VMware Player で動かす Vine Linux 5.0 よりもメモリーの使用量が多い。搭載メモリーも512MBしかないので、メモリーの空き領域も305MBしかない。しかし、VMware Player で動かす Vine Linux 5.0 よりも快適である。非常に快適である。このマシンはトリプルブートにしてあり、Vine Linux の他にも Ubuntu 9.04 が2つインストールしてある。単純に比較することは出来ないが、Vine Linux は Ubuntu 9.04 よりも軽快に動いてくれる。

やっぱり、古いパソコンには Vine Linx が良いと思う。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。