スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMware Player で動かす Linux Mint の起動高速化と軽量化

VMware Player で動かす Linux Mint の起動高速化と軽量化を行ってみた。Linux Mint は Ubuntu がベースのディストリビューションだから、設定した内容は Ubuntu の時とほぼ同じだ。違う点は以下の部分だ。

 1. [自動起動するアプリの設定]で[mintUpdate]を自動的に起動させないようにする。
 2. [自動起動するアプリの設定]で[mintWelcome]を自動的に起動させないようにする。

■ VMware Player をインストールしたパソコン

 CPUCeleron 2.00GHz
 Memory1024MB(VRAMに36MB使用)
 OSWindowsXP SP3


■ 起動高速化前・軽量化前(Linux Mint インストール直後)

 メモリ使用量合計 745MB 使用済 364MB 空き領域 381MB


■ 起動高速化・軽量化第一段階終了

 メモリ使用量合計 745MB 使用済 303MB 空き領域 442MB


起動時間は30秒ほど短縮されたが、メモリの空き領域が思っていたほど増えていない。システム・モニタを起動して全てのプロセスを表示させてみると、mintMenu.py と tomboy がメモリを大きく消費させている。
mintMenu.py を起動させないようにしてしまえば、Linux Mint のエレガントな部分が無くなってしまう気がしたので、これはこのままにした。Tomboy はシンプルで使いやすいデスクトップ・メモらしいのだが、自分には必要ない。そこで、これを自動起動させないようにすることにした。

しかし、[自動起動するアプリの設定]にも[サービスの管理]にも Tomboy を設定するところが無い…。

何処で起動させてんだか考えてたら、パネルのメニュー横に Tomboy のアイコンがあった!
なんだ、このアイコンをパネルから削除すれば良いだけだったのか…。

ここで、再起動させてみる。

■ 起動高速化後・軽量化後(Bootchart停止状態)

 メモリ使用量合計 745MB 使用済 251MB 空き領域 494MB


mintMenu.py が起動している分、Ubuntu よりもメモリの空き領域が少ない。
エレガントな分だけ、Ubuntu よりもメモリを消費してしまうのか…。

残念だが、FMV L20C の VMware Player で Linux Mint 7 を使うのは少々厳しいきがする。
しかし、Linux Mint 7 は気に入ったので、ノートパソコンで使用してみようと思う。

追記
パネルから削除してしまった Tomboy を元に戻そうとしてパネルに追加してみたが、上手くいかなかった。なんだかアプリの起動関係に問題があるような気がする。他にもインストールしてみたアプリの中には、メニューから起動してくれないものがあった。(端末から実行すると起動する。)
これは、自分の場合だけなのか?
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。