スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居心地の良い焼き鳥屋

我が家は駅からちょっとばかり遠い。近くに商店街も無い。だから、今馴染みになっている焼き鳥屋に通う前は、駅前まで飲みに出かけていた。当時は、一軒に腰を据えて飲むことは無かった。何軒か梯子して、最後の店だけはいつも決まって馴染みのショットバーによってから家に帰るパーターンで、金もそれなりに使っていた。したがって、飲みに出かけるのは週に2回程度で、飲みに行かない日は家で飲むことが多かったのだ。

しかし、近所の焼き鳥屋に通うようになってから、外で飲む酒が多くなった。
近所にチョッと歩いて飲みに行ける場所が出来たことが、最大の理由ではない。

焼き鳥や酒の肴も、十分に旨いし、安い!

そして、なにより居心地が良いのだ。

人通りの少ない住宅街にポッンと一軒だけ営業している焼き鳥屋の赤提灯は、冬場の寒い北風に揺られて物悲しく見えることもある。こんな場所で営業していてお店はやっていけるのだろうかと心配そうに、横目で店を覗いて通り過ぎる会社帰りのサラリーマン。あそこの店長さんはまだ若いみたいだけど、味はどうなんどろうと噂し合う近所の主婦。なかなか、店に入りにくいのかもしれないが、一度店に入ってしまえば皆が常連さんになってしまう。居心地が良いからだ。

それに、この焼き鳥屋は特に女性客が多いのだ。安くて旨いからではあると思うが、それだけでは無い。自分が考えるに、店長が目当てだと思う。 焼き鳥屋の店長は若く、結構男前である。女性客が放っておくわけが無い。さらに話術もそこそこ上手い。気配りも行き届いていて、俺には優しくないが女性に優しい店なのだ。

若い女性客が増えると、それを目当てに男性客が増える。

上手くお店が回り始めているのではないだろうか。今は新型インフルエンザの影響や景気の悪化などで、多くの飲食店では客入りが減っているようだ。しかし、馴染みの焼き鳥屋は問題ないだろう。あの場所でお客を掴まえてきた実績がある。これからも賑わっていくと思う。兎に角、店長には頑張ってもらわないといけない。

俺以外の男性常連客の為に、女性常連客を増やしてやってください!
俺はいいよ、俺は…。

それより俺は、旨くてヘルシーな酒の肴を考えてほしい!
あと、俺が飲みたい日本酒を置け!


常連になる前は、どこか物悲しく見えた店先の赤提灯…。
いまでは、その赤提灯が自分を誘う。
自分は誘虫灯に群がる虫のように、赤提灯にふらふらと誘われていく。

明日も赤提灯に誘われて居心地の良い焼き鳥屋に、自分はふらふらと飛んでいくのだろう。
これだけ褒めておけば、次回行ったときになんかサービスしてくれることは間違いないだろう!
あっ! 店の名前も場所も書いて無いか…。
まぁ、このブログを読んでくれている飲み仲間に、お店の良さを再確認させたということでOKにしてくれ。
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。