スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いパソコンにインストールしたい軽い Linux を考える

古いパソコンを復活させる為に、様々なディストリビューションを VMWare Player 上で試してきた。しかし、未だに納得がいくようなディストリビューションを見つけられない。

ロースペックの古いパソコンにインストールして使用するのだから、ある程度の使いにくさや、機能面での問題があっても、我慢するべきなのは重々承知している。だが、Ubuntu を使ってしまったことで、このレベルの使いやすさを求めてしまうのである。

現在使用しているパソコンの中で、ちょっと古いパソコンには、全て Ubuntu がインストールされている。Ubuntu は非常に使いやすい。自分の仕事環境でも、個人の環境でも、何も問題なく使用出来ている。だが、自分が Linux ディストリビューションを使用したい目的の一つは、古いパソコンの再利用である。Ubuntu では機能が充実していて使い易い分、古いパソコンにインストールしても軽快な動作は望めない。どんなに軽量化してみても、使用するには少々辛いのである。

今迄、古いパソコンや VMWare Player 上で試してきた Linux ディストリビューション は以下のものになる。

 1. Ubuntu 8.10 - 9.04
 2. Vine Linux 5.0
 3. Xubuntu 9.04
 4. Kubuntu 9.04
 5. CentOS 5.3
 6. Linux Mint 7
 7. Puppy Linux 4.3
 8. Dreamlinux 3.5
 9. Zenwalk 6.0

上記の Linux ディストリビューションの中で、操作性や機能面、将来性を考えれば、Ubuntu と Linux Mint が最も使いたいものである。しかし、これらのディストリビューションは古いパソコンには、少々きつい。そうなると Vine Linux 5.0 は Ubuntu よりも軽く、古いパソコンに最適ではと思うのだが…。Ubuntu に慣れてしまっている者にとっては、少々物足りない面もあるのだ。

色々と試行錯誤しながら、様々な Linux ディストリビューションを試している中、また古いパソコンが一つ増えてしまった。今回、手元に届いた古いパソコンは本当に古い…。CPUは PentiumIII 733MHz で、メモリーは256MB(PC100 SDRAM) と、現在普及しているパソコンから見れば、どうしようもないくらいのロースペックなパソコンだ。

このロースペックなパソコンを復活させるために、どの Linux ディストリビューションをインストールすれば良いだろうか。軽くて快適なのは Puppy Linux 4.3 だが、これは LiveCD として使用するべきものだと思う。 VMWare Player で動かしてみた感じでは、HDDへインストールして使用するのはどうだろうと考えてしまった…。もともと、LiveCD としての使用に特化した Linux ディストリビューションであるのだから、そのようにして使用するべきだろう。

では、Vine Linux 5.0 はどうでろうか?

これはなかなか良いと思われる。しかし、これにも問題がある。自分の使用したいアプリが何度やっても上手くインストールできないのだ。OS自体が快適に動作しても、アプリが動かせないのであれば、何の意味も無い。Vine Linux 5.0 に対して自分の知識の無さが招いている結果かもしれない。残念ながら現時点では上手く使えていないのだが、Vine Linux 5.0 は最も使いたいディストリビューションなのでインストールする候補には入れておこう。

次に、Dreamlinux 3.5 はどうだろうか?

これもよく出来ているディストリビューションだと思うので、インストールする候補には入れておこう。

Zenwalk 6.0 は少々手ごわい…。 しかし、インストールする候補には入れておく。

そして、一番インストールしてみたいのが U-lite だ!
U-lite は Ubuntu Lite として世に出た軽量派の Ubuntu 派生ディストリビューションが公式ではないために改名したもので、ディスクトップ環境に LXDE を使用している。これもインストール候補だ。

兎に角、使ってみたい!

早速、これから VMWare Player 上で動かしてみようと思う。
果たして、使えるだろうか…。

【追記】(2009.11.01)
LiveCD として使用するものだと考えていた Puppy Linux 4.3 が、結構気に入ってきている。やっぱり、この軽さは魅力だ。もう少し、VMware Player で試してから、Puppy を古いパソコンにインストールしてみるつもりだ。


【追記】(2009.11.03)
Dreamlinux 3.5 が、古いパソコンに一番良いような気がしてきた。


【追記】(2009.12.19)
古いパソコンで使用する今一番のお気に入りのディストリビューションは Zenwalk 6.2 です。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

UbuntuでWindowManagerを変えられては?

古いパソコンの有効利用に興味があります。
今のところ、PuppyLinux4.3.1が軽さ、日本語の利用、ユーザーフォーラムによるサポートの点から気に入っています。
ただ、ご存知かもしれませんが、自力でWindowManagerを切り替えれば、Ubuntuでもかなり軽くなりますよ。
参考:
http://viva-ubuntu.kilo.jp/?p=1364

Openbox に切り替え中で、苦戦中です…

コメントありがとうございます。

kiyoshi さんの仰るとおり WindowManager を変更することで、Ubuntuでもかなり軽くなると思います。実際、Ubuntu の場合だと Ubuntuベースの WindowManager を Openbox にした CrunchBang Linux が軽くてお気に入りです。しかし、自力で Openbox をここまで仕上げることは、自分の力量では到底無理…。

CrunchBang Linux をお手本にして、Zenwalk 6.2 の WindowManager を Openbox で仕上げてみようと思って頑張っているのですが…。

もう、2回失敗してます…。
再インストールばかりしています…。

PuppyLinux も良いですよね。自分も好きです。

色々試して、色々と弄って。最後はどんなディストリビューションに落ち着くのか、自分でも現時点では全然分かりません。古いパソコンの有効利用の為に Linux を弄り始めたのに、今ではディストリビューションを色々とインストールすることが楽しくなっちゃって、古いパソコンの有効利用までは出来ていないのが現状です。

リンク先を参考にさせてもらい、更なる精進を続けてみます。

コメント、本当にありがとうございました。
プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。