スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMware Player で Lxubuntu 9.04 を動かしてみる

VMware Player で Lxubuntu 9.04 を動かしてみた。

古いパソコンを再利用するために、様々な Linux ディストリビューションを試しているのだが、どれも一長一短で決めかねている。使いやすい Ubuntu を最も気に入ってはいるのだが、やはり古いパソコンには重いのだ。

そこで、軽快なデスクトップ環境である LXDE (Lightweight X11 Desktop Environment) を使用した Lxubuntu を VMware Player で試してみることにした。Lxubuntu はミニノートやサブノートなどで快適に動作することを目的に作られているらしい。処理能力の低いパソコンでも快適な動きを提供してくれるデスクトップ環境が LXDE なのだ。Ubuntu の派生ディストリビューションである Lxubuntu は、Ubuntu の使いやすさを引き継いでいるはずである。また、Ubuntu とほぼ同じ方法で、高速起動化や軽量化も行える。古いパソコンでも快適に動作してくれるかは、試してみなければ分からない。

Ubuntu の派生ディストリビューションである Lxubuntu のインストールはUbuntu と同じで、GUIのインストーラーを使って簡単に済む。

■ VMware Player をインストールしたパソコン

 CPUCeleron 2.00GHz
 Memory1024MB(VRAMに36MB使用)
 OSWindowsXP SP3

■ Lxubuntu 9.04 インストール直後

 メモリー使用量合計 745MB 使用済 160MB 空き領域 585MB

上記のメモリー使用量は、Lxubuntu 9.04 インストール直後に端末から free コマンドで調べたものである。インストール後に再起動させて、CPU動作が安定したときに調べたものだ。

その後、アップデート・マネージャが起動して色々とアップデートした結果、メモリーの消費量が増えてしまった。動作も思ったほど快適ではない…。

しかし、まだ何も軽量化を施していない。これから、Ubuntu と同様の軽量化を行ってみることにする。果たして、どこまで快適に動作するようになるだろうか、非常に楽しみである。

でも、もうすぐ Lxubuntu 9.10 もリリースされるんだろうな…。
Lxubuntu 9.10 がリリースされてから、弄り回した方が良かったか…。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。