スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子之神社

今年の初詣は、実家の近くの子之神社(ねのじんじゃ)へいった。
見晴らしの良い丘の上に在るこじんまりとした神社だ。私の家族以外に参拝者は無く、神社の名前も社へと続く急な石段を登ってから知ったくらいの知名度の低い神社だ。子供の頃には肝試しで、何度か遊びに来たことがあったのだが、参拝に来るまで神社の名前すら知らなかった。今年は子年だったこともあり、ちょうど良い神社に初詣が出来たと思ったが…。

本当に悲しいくらい何も無い神社だった。

毎年の事ながら、欲張りな私は安いお賽銭で色々とお願いしてきたが、ご利益は得られたのか得られなかったのか…。今年も今日までは、病気もせずに怪我一つ無く過ごせたから、参拝してよかったかな。

子之神社の御祭神は大国主命です。大国主命と言えばネズミに助けられた神様。だから、大国主命を祭る神社の名前が子之神社(ねのじんじゃ)なのでしょう。

私は大国主命と聞けば、真っ先に思い出すのが大黒天です。そして、大黒天と聞けば、摩訶迦羅(マハーカーラ)を思い出します。マハーカーラはインドのヒンドゥー教の神様です。本業ではないんですが、仕事で度々インドに出かけることがあります。神仏に興味を持っている私は、インドを訪れるたびにヒンドゥー寺院や博物館に出かけます。今でも神々が生き生きと人々の生活の中で存在しているインドは、私にとっては最も興味のある国なのです。
そんな私の好きなインドからやってきて、日本の神様と習合したヒンドゥー教の神様マハーカーラは、世界を破壊する破壊神シヴァの化身とされている神様です。(シヴァ神は単に世界を破壊する神ではありません。新たな世界を創造する為に古い世界を破壊する神なのです。世界をリセットする力を持った偉大な神がシヴァ神なのです。)

シヴァ神の化身がマハーカーラ。
マハーカーラは摩訶迦羅で、密教に取り入れられて大黒天。
大国主命の「大国」と大黒天の「大黒」は、同じ音で読めるので、大黒天と大国主命が習合。

本当かな?

ちなみに、大国主命は様々な別名(別の姿)を持っている神様で、その一つに大物主(おおものぬし)がある。詳しく説明すると書いてる自分が混乱するので書かないが、大国主命の和魂(にきたま・にぎたま)が大物主と言われています。和魂とは、簡単に言えば、大国主命の魂が持つ優しい部分のことです。

大国主命の和魂である大物主もまた別名(別の姿)があって、大物主は金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)ともされている。金毘羅大権現は薬師如来の十二神将の宮比羅大将(くびらたいしょう)のことである。さらに、十二神将は十二支を支配する神でもあり、宮比羅大将が支配するは子(鼠)なのである。

大国主命とネズミは縁が深い。

シヴァ神とネズミも何か関係が有ったら面白い。

関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。