スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vine Linux 5.0 のデスクトップ環境 Fluxbox をとりあえず仕上げた

Vine Linux 5.0 のデスクトップ環境を Fluxbox に変更し、とりあえず使える状態に仕上げた。

fluxbox のスタイルも、既存のスタイルをお手本にして自分なりに作ってみた。メニューの設定もある程度終わり、fluxboxのデスクトップ環境でどうにか使える状態になった。古いパソコンにインストールしたものだので、仮想コンソールを減らしたり、不要なサービスの停止や自動起動するアプリケーション設定など、ある程度の軽量化は施してある。ここまでの設定(調整)を行った後、Vine Linux を再起動させて fluxbox でログインした直後のメモリ使用量を freeコマンドで調べてみると、以下のような結果になった。

■ Vine Linux 5.0 (fluxbox)

 メモリ使用量合計 501MB 使用済 137MB 空き領域 364MB
 SWAP使用量合計 1027MB 使用済 0MB 空き領域 1027MB


■ Vine Linux 5.0 をインストールしたパソコン

 CPUCeleron 733MHz
 Memory512MB(VRAMに数MB使用)


非常に優秀な結果だ!

なかなか軽快に動作してくれる。ブラウザだけは重く感じてしまうのだが、その他のアプリケーションに関して軽快に動いてくれる。ブラウザも Midori なら、ストレスを感じること無く使用できる。但し、Midori では、FC2ブログの記事を書く気にならない。どうにも記事の編集画面(テキストを入力する部分)が、2行しか表示されないのだ。今、この記事は Firefox Community Edition で書いている。高速化や軽量かの設定を色々と調べて行っているのだが、これが重いのだ。今のところ、気になっているのはこれぐらいかな。古いパソコンで快適なブラウジングは、難しいものなのだろうか。

まだ、使用したいアプリケーションを全てインストールしていないし、セキュリティ関係の設定も行っていない。今後、使用している間に問題が生じる可能性が無くもないのだが、とりあえずはいい感じに仕上がってきたと思う。

下の画像の Vine Linux 5.0 (fluxbox) だ。

Vine Linux 5.0 Fluxbox

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。