スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火鉢で暖房は危険か?

ここ数日、朝起きると頭が痛い…。

これは自分だけの問題だと思っていたのだが、妻も朝起きると頭が痛いと言い出した。

一酸化炭素中毒ではないだろうか…。

火鉢で暖房する場合、一々使用する度に炭に火をつけていたのでは面倒臭い。だから、寝る前に火鉢で燃えている炭(我が家では豆炭)に灰をかけて、火を朝まで消さずに残しておく。一晩中、ゆっくりと炭は燃え続けているのである。

これが問題なのでは…。

我が家は築30年以上の中古家である。内装も外装もリフォームしているが、現在の住宅のように冷暖房効果に優れた高気密住宅ではない。我が家は外が寒いときは寒い、外が暑いときは暑いと感じられる家なのだ。室外から室内へ、室内から室外へと空気が流れている低気密住宅なのだ。だから、火鉢も安心して使用していた。換気もちょっとだけ窓を開け放っておくだけだ。これで十分だと思っていたのだが…。

少々不安になってきた…。

一酸化炭素中毒は風邪の症状に似ているため対処が遅れ、徐々に体の自由が利かなくなるらしい。寝ているときに一酸化炭素を吸ってしまえば、そのまま起きることなく死んでしまうかもしれない。

自分の頭痛は疲れが溜まって体調が優れないためかもしれないし、妻の頭痛も体調不良によるものかもしれない。妻と一緒に寝ている子供たちは朝から元気なので、一酸化炭素中毒ではないような気もする。しかし、火鉢が原因でないとは言い切れない。

今は二階の寝室に近い仕事部屋にある火鉢の火は消してある。玄関の火鉢は火を消さずに、そのまま使用している。二階の廊下の窓は、ほんの少しだけ開けてある。この状態なら、一酸化炭素中毒になることもないだろうと思う。

火鉢を使用しているときには、こまめに換気をする必要があるのは重々承知している。しかし、換気ばかりしていると、部屋は全然暖まらない。暖房として火鉢が使用できないのなら、炭を燃やしているだけの話になったしまう。どの程度の回数の換気が必要なのかはよくわからないが、自分の場合はトイレに行くたびに廊下の窓を開け放ち、トイレからも戻ってくる時に窓を閉める。これが火鉢を使用しているときの換気である。換気を行う回数は、自分の尿意が日に何回来るかによるのだ。

低気密住宅の我が家であっても、ここまで換気には気を遣う。

高気密住宅の場合は、もっと換気に気を遣わなければならないのではないだろうか?
現在の住宅は高気密だろうがなんだろうが、24時間換気設備の設置を義務付けているから問題は無いか?
でも、24時間換気設備は火鉢を室内で使用するとは考えていないのではないだろうか…。

どうなんだろう?
関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。