スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥都城と奥津城

神道墓には墓石正面に「○○家奥都城(奥津城)」と刻む。

「奥都城」と「奥津城」は、どちらも「おくつき」と読む。

墓地を購入するとき氏子総代の方から、「昔は氏子の中でも、役員などを務めた家にしか奥都城の文字は使えなかった」と聞かされた。墓に刻む文字にも位があるのか…。

そうなると新参者の我が家は「奥津城」と刻むことになる。

氏子総代の方に「では、家の墓には奥津城と刻めばよいのですね」と尋ねると、「今はどちらを刻んでも問題ありませんよ」との答え。

では、位の高い「奥都城」を刻ませてもらおう。後々、神社のために働くことでお許し頂こう。

しかし、勝手に刻むのも少し心配なので、神社の宮司さんにも電話して聞いてみた。宮司さんは「都の字を使った奥都城でかまいません」と言ってくれた。宮司さんが良いと言ってくれれば、安心して「奥都城」と刻めます。
関連記事

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。