スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zenwalk 6.4 で SRWare Iron を使う

Zenwalk 6.4 で WebKit による高速なレンダリングが魅力な軽量ブラウザの Midori を使おうとしていたのだが、プロキシ設定が上手く行なえなかったので使用を止めた。Midori が使えないとなれば、GUI IceCat を使うしかないのだが、起動の遅さに少々イラついてしまって…。

やはり、Zenwalk 6.4 をインストールしているパソコンのスペックでは、快適なブラウジングを望むことに無理があるのだろうか…。

Zenwalk は非常に気に入っているので、軽量で快適なブラウザをインストールしたいと思い、色々と試したのだが上手く行かない。レタリングエンジンに WebKit を使用している Google Chrome や Chromium のインストールも試みてみたのだが、上手くいかなかった。最後に試したのが、Google Chrome をベースに開発されている SRWare Iron だ。SRWare Iron は Google Chrome から、利用者情報の送信機能や自動アップデート機能を削除し、広告ブロック機能を搭載したもの。

これは、イケる!

http://www.srware.net/en/ から、Software → Iron → Download → Iron for Linux: Infos and Download >here< をクリックして、iron-linux.tar.gz (32-Bit)をダウンロードした。ダウンロードした iron-linux.tar.gz をホームディレクトリに解凍する。解凍してできた iron-linux のフォルダ内にある iron(実効ファイル)をクリックすると、何の問題もなく RWare Iron が起動した。

これでいいのか?
何か違くねぇか?


あまりにも呆気なく起動してしまった。

使用感は軽くて良い。起動も速く、ロースペックの古いパソコンでも使えると感じた。これで、havp (HTTP Antivirus Proxy) が使えるようにプロキシの設定が出来れば、何の問題もない。
早速、[オプション]を開いて、[高度な設定]から[プロキシ設定を変更]をクリックしたのだが…。

設定できません!

以下のような文章が表示された…。

サポート対象のデスクトップ環境で SRWare Iron を実行している場合は、システムのプロキシ設定が使用されますが、そのシステムがサポートされていないか、システム設定の起動時に問題が発生しました。以下の環境変数を使用してプロキシを設定できます:

表示されてい環境変数をどうすれば良いのか?

起動オプションで設定してあげれば良いのだろうと思い、端末で以下を実行する。

$ iron --help

しかし、iron: /usr/lib/libz.so.1: no version information available (required by iron)と表示され、その下は文字化けしてしまって読めない。Google Chrome をベースに開発されているのだから、同じ起動オプションが使えるだろうと思い。Google Chrome を調べてみる。

起動オプションに「--proxy-server=127.0.0.1:8080」を指定して起動すると、havp (HTTP Antivirus Proxy) も動作しているようだ。これで、問題ないと思っていたのだが…。

間違えた!

havp (HTTP Antivirus Proxy) は SSL(HTTPS)経由の通信の場合にはフィルタが機能しないので、プロトコル毎に指定してあげないと、ページが閲覧できなかったり、サイトにログイン出来なかったりしてしまう。実際、起動オプションに「--proxy-server=127.0.0.1:8080」を指定して起動した場合、FC2ブログにログイン出来なかった。

そこで、起動オプションを「--proxy-server=http=127.0.0.1:8080」に変更して起動した。(端末で以下を実行)

$ iron --proxy-server=http=127.0.0.1:8080

問題なくFC2ブログにログインできた。http://www.eicar.org/anti_virus_test_file.htm へアクセスし,“Download area using the standard protocol http”と書かれたサンプルファイルの eicar.com.txt をクリックすると、「HAVP - Access Denied」が表示される。ちゃんと havp が動作している。

問題無し!

Xfce 4 Panel に新しいアイテムとして追加登録して使用する。コマンドには起動オプションとして「--proxy-server=http=127.0.0.1:8080」を追加した。

これで良し!

現在、この記事は SRWare Iron で書いている。
これからは SRWare Iron が、Zenwalk で使うメインのブラウザになりそうだ。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。