スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫が増えた…

我が家に住む猫は4匹。全て自分の母が飼っている猫だ。母は「この子たちは、福を呼び込んでくれる招き猫ちゃんたちなのよ」などとお気楽に話すが、猫と暮らすようになって二年以上も経つのに、それらしい福は何一つ舞い込んでこない。逆に猫の臭い(猫の餌の臭いと排便の臭い)に悩まされ続けている…。

正直、どうにかならんもんかと思っているのだが、どうにもならん…。
ちょっとでも母に、猫の臭い(特に四六時中食べられるようにされている出しっぱなしの餌)に対して文句を言おうものなら、凄い顔で睨まれるのだ。家の中で波風が立つようなことは控えたいので、ここしばらくは文句も言わなかったのだが…。

近所でよく見かける野良猫が家の中でくつろいでいるのを発見してしまった。

何故にお前がここにいる…。

どうも、母が野良猫の餌付けに成功したようだ…。

母に「猫が増えてるじゃん! もう拾ってこない約束だろ!」と文句を言うと、「あの子は拾ってきたんじゃないわよ。○○ちゃん(台風の日に遊びに出かけてしまう馬鹿猫)のお友達よ」と、全然問題ないかのような答えが帰ってきた。

いやいや、家で飯食って寝てるんじゃ、家の猫だろうが!

何言っても無駄なのである…。

母に言わせれば動物を可愛がれない人は悲しい人なんだそうだ。そんなことを言われると「お前はこんな可愛らしい猫を可愛がれないなんて、悲しい子だねぇ…」と言われているような気になってしまい、ちょっと凹む…。

別に猫が嫌いな訳では無いのだ。過剰に可愛がったりはしないが、どちらかといえば自分は動物好きである。飼うことに文句は無い。ただ、臭いをどうにかしてもらいたいのだ。家の中が猫餌の臭いで臭くて堪らない。特に鼻が効く自分には非常に辛いのだ。猫の餌を四六時中食べれるように、部屋の中に猫専用の24時間営業中のレストランを営業するだけは止めてもらいたい。

あと、もう増やすな!

最近、新顔の野良猫を家の周りで何匹か見かけるようになった。
あいつらにも餌やってんじゃねぇか?

色々と言いたいことはあるのだが、母に強く言う気にもなれない。言っても無駄だし、自分も猫は可愛がっているので、どうにも言い難いし。でもこれ以上猫が増えるのは勘弁して欲しいな。

このままでは、我が家が猫屋敷と近所から呼ばれる日も、そう遠くは無い気がする。

こんな記事を書いている自分の足元には、自分が一番可愛がっている猫が「あたいにゃ関係ないね」と言った顔をして、丸まって寝ているのだが…。

こいつには、「お前は友達を家に連れてくるなよ!」 と言いたい。

これが、俺の「猫(5匹)のいる生活」の現状だ。
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。