スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山に登った

昨日、高尾山に登った。

体調が良くないのに、頑張って山頂まで登った。

高尾山は20年程前に登ったことがある高尾山だが、当時とは違いもの凄い人の数だ。ミシュランの三つ星観光地に選ばれた高尾山は、信じられないほど混雑していた。母が来たがっていたので、軽い気持ちでやってきたのだが、こんなに混んでいるとは思いもしなかった。

高尾山口に着いたのは午前10時だったのだが、高尾山口の駐車場はどこも満車で停められない。仕方がないので高尾駅まで戻り、駐車場を探して車を停めた。そして、京王線で再び高尾山口へ。

歩いて山頂まで行く気など更々無かったので、真っ直ぐにケーブルカー乗り場へ。

ケーブルカー乗り場はケーブルカーを待つ人の列が…。

30分ほど待たなければ乗れないようだ。行列に並ぶのが大嫌いな自分は、歩いて登ることを提案した。妻も子供達も歩いても良いと言う。母も30分も待つのなら歩いて登ってかまわないと言う。歩いて登る準備など何もしていないのに、高尾山を歩いて登ることに決定。この安易な決定でえらい目にあった。

登山コースとして選んだのは稲荷山コース(全長3.1Km)だ。ある程度道幅もあり、1時間30分程度で山頂に着く事が出来ると案内板に書いてあった。このコースはいきなり登る。なだらかに登っていくのではなく、いきなり登るのだ。山道は木々に覆われ、何処を歩いているのか見当がつかない。山頂も歩きながら見ることが出来ない。だから、どんだけ歩いて、どんだけ山頂に近づいているのか分からない。途中途中にある距離表示のポールを見て、どれだけ歩いて、どれだけ近づいたかを確認する。疲れはどんどん溜まっていくのに、山頂は全然近づかない。運動不足を痛感しながら、黙々と登る。日々体操をしている妻や子供達は、ガンガン先に登っていってしまう。運動不足の自分とヒールの高い革靴をはいている母は、汗だくで黙々とゆっくり登る。母は近所に買い物に行く感じの格好で、自分はちょっと飲みに出かけるような感じの格好で、周りの登山者から山を舐めきっている格好なのだ。

何度も休憩を入れながらも、どうにか山頂まで到着した。

途中、母がリタイアしたらどうしようかとハラハラしながらの登山は精神的に辛かった。紅葉を楽しむ余裕など無かった。まぁ、紅葉も終わりに近づいていて、さほど綺麗ではなかった。山全体が綺麗に紅葉しているのではなく、所々綺麗なところが残っているといった感じだった。

山頂は人だらけ。

山の新鮮な空気や綺麗な景色を楽しむ事など無理だ。人が多すぎる。登っているときから感じていたのだが、特に外国人の登山者が多い。登り始めたときは前後をフィリピン人(多分、フィリピンの人だと思う)に挟まれ、大声で話すフィリピン語(多分、フィリピン語だと思う)を聞きながら、どこの国の山を登っているのか分からなくなった。さすがミシュランの三つ星観光地だ。紹介されただけで国際化だ。

長居する気にもなれず。さっさと下山することにした。山頂からケーブルカー乗り場まで向かう。途中、薬王院をお参りして、予定以上に時間を潰してしまった。道草を食いながら、ケーブルカー乗り場まで。

下山するケーブルカーも行列が…。

やはり、ケーブルカーに乗るまでに30分ほどかかるらしいが、歩いて降りる気は無いので、おとなしくケーブルカーを待つ。

ケーブルカーで数分で下山。

そのケーブルカーでの下山途中で驚きの発見が!

ケーブルカーから見る紅葉が一番綺麗だった…。

紅葉シーズンの土曜日だったから、あんなに混雑していたのだろうと思う。平日だったら、あんな混雑はしないだろう。それでも昔よりも登山する人は多くなっているのは確かだ。山頂が渋谷のハチ公前みたいになっているんじゃ、山に登った気がしないな…。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。