スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶にない青痣

狭い仕事部屋を暖めすぎたせいで暑くなり、上着を脱いでシャツ一枚になった時、右腕に青痣を見つけた。

なんだこれ?

右腕の青痣は小さいが、妙に青々としていて、強く触るとちょっと痛い。青痣は右腕の脇の下から5cmほど下がった内側にある。こんなところを青痣が出来るほど、何かに打ちつけた記憶はない。いつ出来たものかも、さっぱり分からない。強く押さないと痛みも感じないので、全然気が付かなかった。

何でこんなところに青痣が?

記憶に無い怪我…。
記憶に無い青痣…。


いくら考えても、こんなところに怪我するようなことをした記憶がない。

何だろう?

酔っぱらって、変な体勢で何かにぶつけたか?

いやいや、このとこと飲みには出かけていない。

あまりの忙しさに、怪我したことを忘れたか?

いやいや、デスクワークがほとんどで、忙しければ忙しいほど机から動けない。

だから、怪我をすることなど無いのだ。目を覚ましているときに作った青痣では無いような気がする。寝ているときに、何かやらかしたのだろうか。考えられるのは、寝ているときに右腕を上げながら激しく寝返りを打ち、右腕を床に叩きつけ、叩きつけた床に何か硬いものが置いてあって、それが右腕の内側に当たって青痣を作ったということぐらいだが…。

自分で書いてても馬鹿馬鹿しい。

寝相は良い方ではないが、右腕上げながら布団の上で回転するようなことはしない。

しかし、青痣はある。
何で記憶にない青痣があるのか…。


もう呆ける呆けが始まっちゃったのかな…。

この歳で呆けるのは嫌だ!

きっと寝ている間に宇宙人にさらわれて、何かされたんだろう。その時の記憶は宇宙人に消されてしまったのだ。
その証拠に右腕の内側に青痣があるのだろう。

そう考えて、記憶にない青痣は一件落着!

忙しいとくだらないことしか考えなくなる…。
関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。