スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟年女性の酔っ払い

酔っ払いは総じてみっとも良いものでは無い。

自分自身、酔っ払うとかなり煩く騒がしくなる方だが、他人に絡んだりはしない。ましてや、一度飲んでいる席で会ったぐらいの人に絡むことなどない。そんな迷惑などかけたことは無いと思う。

本日、仕事が煮詰まってしまい、馴染みの焼き鳥屋に夜食を食べに出かけた。そこに馴染みの常連客である薬局の社長がいたのだが…。

自分の知らない熟年女性に絡まれてる…。

いつもなら、自分は社長の近くに腰掛けるのだが、社長の隣に座る熟年女性を見て最も遠い場所に腰掛けた。軽く社長に会釈して、盛り上がっている会話には参加せず、独りカウンターの隅で呑み始める。聞く気は無いのだが大声で話す熟年女性の声が耳に入ってくる。

喧しい。

社長は普通に会話しているのだが、何を言っても否定され、馬鹿にされている。自分には関係ないのだがイライラする。単なる酔っ払いの戯言なのだが、ちょっと酷いと自分は感じた。あぁまで言われて、社長はよく我慢できるものだ。

以前、自分も初めて会った熟年女性に飲み屋で絡まれたことがある。かなり酒がまわっていたようで、酷い絡みようだった。やたらと人の家庭の話を聞いてくる。会ったばかりの酔っ払いに家庭の話をする気にはならないので、何を聞かれても家族構成ぐらいしか話さなかった。するとこの酔っ払いのおばちゃんは、何を聞いても適当に話をされるのに頭にきたらしく、突然悪口を浴びせてきた。呑んでいたのが馴染みの店でもあるので、自分は静かに大人の対応をしていたのだが…。

えらいストレスが溜まった…。

絡んでくる酔っ払いが男性であるならば、こちらもそれなりに対処できるのだが、女性となると対処に困る。全く以て予期せぬ不幸事故、天災のようなもだから、薬局の社長のように我慢するしかないのだろう。

酒に呑まれても、他人に迷惑をかけないように呑みたいものである。

自分で気がついていないだけで、結構自分も迷惑かけてるかも知れないな…。
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。