スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lavie NX LW43H/1 の再利用するための準備

捨てるに捨てられない中古のノートパソコン(Lavie NX LW43H/1)を青空文庫閲覧用のパソコンとして再利用しようと考えているのだが、再利用しようとしているノートパソコンが古すぎて面倒くさい。

先ず、11年も前に作られたノートパソコンのスペックで動く Linux ディストリビューションを探さなければならない。しかしならが、搭載されているメモリは 128MB しかない。標準で 64MB しか搭載されていないノートパソコンなので、これでも増設してあるのだ。

今までの経験から 128MB のメモリーでも動いてくれそうなのは antiX だ。

GParted Live CD を使い、Linux Swap 領域を作成してから antiX の Live CD を起動させる。全ての Live CD Linux に言えることではないのかもしれないが、Live CD Linux はハードディスク上に Linux Swap 領域が有る場合、これをスワップ領域として使用してくれる。antiX を起動させる前に Linux Swap 領域を作成しておくことで、ちょっとは快適にインストールできるようになるはずだ。

antiX のインストールは問題なく出来た。

次に日本語化をしなければいけないのだが、LANポートが無いのでネットに繋げられない。

ジャンク品として売られていた PC Card の corega FEther Ⅱ PCC-TXD を使ってみたら、問題なくネットに繋がった。日本語化も無事に終了。不要なサービス(デーモン)も停止させた。

ちゃんと動いている。

動いているのだが…。
快適な動作とは言えない…。


ネットの閲覧はかなり我慢して使うことになる。Mobile Celeron 433MHz では致し方ない。しかし、この動きではネットの閲覧の為に使う気になれないな。青空文庫を XJP2 で読むことぐらいは問題なくできると思うのだが…。

どうだろう?

■ 関連記事
  antiX-M8.5 日本語化
  antiX-M8.5 の不要なサービス(デーモン)を停止させる
関連記事

テーマ : 中古パソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。