スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空文庫ビューワー XJP2 インストールの覚書

著作権の切れた書籍の電子図書館「青空文庫」を Linux で読む為に、Linux+XWindow 青空文庫ビューワー「XJP2」をインストールしたときの覚書。

最終的に XJP2 をインストールして「青空文庫」を読もうと思っているのは、現在再生中の中古のノートパソコン(Lavie NX LW43H/1)なのだが、このノートのスペックがとっても低いので、試しに今年の正月に組み直して使っている SOTEC M373RW に XJP2 をインストールした。(このパソコンも古いが、LW43H/1 よりはスペックがよい)

SOTEC M373RW はハードディスクにパーティションを切り、hda1 に Vine Linux 5.2、hda2 に antiX-M8.5 をインストールし、hda3 を共有パーティションとしてある。試しに XJP2 をインストールした Linux ディストリビューション は antiX-M8.5 だ。

XJP2 のソースコード(現時点での最新版 XJP2_2.9.3.tgz)を http://sourceforge.jp/projects/xjp-text/releases/ からダウンロードする。ダウンロードしたソースコードをいきなりインストールしようとしても、必要なパッケージが足りないのでダメだ。Synaptic を起動させて、以下のパッケージをインストールする。

・build-essential
・zlib1g-dev
・libXaw7-dev
・libXft-dev

自分の場合、日本語表示させる際のフォントを現在使用している日本語用書体のフォントから変更したかったので、IPAフォントも同時にインストールした。

次に、ダウンロードした XJP2_2.9.3.tgz をホームディレクトリに解凍する。今回は antiX-M8.5 にインストールしているので、解凍には XArchive Manager を使った。

端末(ターミナル)を開きホームディレクトリ内に解凍してできた「XJP2_2.9.3」のディレクトリに入る。そして、su コマンドを実行して、root ユーザーで以下を実行する。
# ./configure
# make
# make install

インストール完了後に端末(ターミナル)を閉じる。

次に PCManFM を起動して、ホームディレクトリに新しく「.xtext」という名前のディレクトリを作成する。PCManFM の[表示]で[隠しファイルを表示する]にチェックが入ってないと、作成しても PCManFM で表示されない。

作成した「.xtext」のディレクトリに、「XJP2_2.9.3/doc」のディレクトリ内にある xtext.conf.sample をコピーする。コピーしたファイル名を xtext.conf に変更する。名前を変更した xtext.conf を Leafpad などのテキストエディタで開いて以下のように変更した。
BOOK_DIR: /mnt/hda3/book/  保存図書の場所は共有パーティション内にした。

MAIN_WINDOW_WIDTH: 1020
MAIN_WINDOW_HEIGHT: 740

RUBI_FONT_COLOR: dark slate grey

MAIN_FONT_J: -*-IPAMincho-medium-r-normal-*-18-*-*-*-*-*-*-

MAIN_FONT_S: -*-IPAGothic-medium-r-normal-*-18-*-*-*-*-*-*-

MAIN_FONT_E: -*-IPAGothic-medium-r-normal-*-18-*-*-*-*-*-*-

RUBI_FONT: -*-IPAMincho-medium-r-normal-*-10-*-*-*-*-*-*-

LINE_SPACE: 8
ROW_SPACE: 4
RUBI_SPACE: 4

AOZORA_URL: http://www.aozora.gr.jp/

以上が編集した部分だ。

保存図書の場所は共有パーティション内にしたのは、現在再生中の中古のノートパソコン(Laviw NX LW43H/1)や他のパソコンからも読み出せるようにしたかったからだ。PCManFM を起動して、/mnt/hda3 に新しく「book」という名前のディレクトリを作成する。

保存図書の場所である「book」ディレクトリに本が入っていないと起動してくれないので、ブラウザで「青空文庫」にアクセスして読みたい本を数冊ダウンロードする。ダウンロードするのは、テキストファイル(ルビあり)のzipファイルのみ。

端末で以下を実行する。
$ xjp

無事起動した。

XJP2

最後に antiX-M8.5 の icewm の Menu に XJP を追加する。

ホームディレクトリ内の「.icewm」ディレクトリを PCManFM で開いて、menu ファイルをテキストエディタで編集する。「prog "青空文庫" "" xjp -T」の一行を追加して終了。

■ 関連記事
  antiX-M11 で青空文庫を読む
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。