スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

antix-M8.5 をアップグレードしたら痛い目にあった

昨日、電子図書館「青空文庫」を読むために XJP2 をインストールした antiX-M8.5 を Synaptic パッケージマネージャでアップグレードした。何も考えずに新しいバージョンがアップされているものを全てアップグレードしたのだ。antiX-M8.5 をクリーンインストールしたときも大量のアップグレードできるパッケージが見つかり、何も考えずに全てアップグレードした。その時は何の問題もなかったのだが…。

アップグレード後、再起動した antiX-M8.5 がおかしい…。

自動的にマウントさせていた共有パーティションがマウントされていない。
インストールした記憶がないスクリーンセイバーのような壁紙ようなものがインストールされており、メニューにも追加されている。VLC Media Player がアンインストールされている。

一度、シャットダウンしてから再び起動させてみようとしたら、シャットダウン中にフリーズしてしまった。パソコンの電源スイッチを長押しして強制的に電源を切ってから再び起動させると問題なく起動してくれた。ログイン後、何もしないで再起動させてみる。再起動は問題なくできた。古いパソコンにインストールした為故の問題なのかと思い、起動した antiX をシャットダウンしてみるら…。

またもや、シャットダウン中にフリーズした。

強制終了して再び起動させた antiX から Synaptic パッケージマネージャを再び起動させ、新しいパッケージがアップされてないか調べる。一度目のアップグレード時も再読み込みを行ってからアップグレードを適用したと思うのだが、調べてみるとまだまだアップグレードできるパッケージがあるようだ。再読み込みを忘れていたのだろうか。

アップグレードできるパッケージがあるので、再びアップグレードを適用させてみるた。アップグレード後にシャットダウンさせてみるとフリーズすることもなく問題なく終了することができた。やっぱり、再読み込みさせていなかったのか。

しかし、自動的にマウントさせていた共有パーティションは相変わらずマウントされていない。共有パーティションがマウントされていないと、XJP2 で青空文庫が読めない。

/etc/fstab を開いて見た。前の内容と書き換えられているようなのだが、何処に問題があるのか解らない。ちゃんと /dev/had3 に関する設定は間違い無いように思える。だが、自動的にマウントされないのも事実。

数時間に渡り色々試した結果、最終的には自動的にマウントされるようになった。暇な時に fstab についてはまとめておこう。
それよりも、今後 antiX をアップグレードする時は気をつけるようにしなければならないな。Linux ディストリビューション全般に言えることだが、何も考えずにアップグレードすると痛い目に合う。antiX の公式ホームページもちゃんとチェックしておかないとダメだ。

antiX は軽量で中古パソコンの再生には良いディストリビューションだと思うのだが、自分のような Linux を生齧りしている人には使いにくいディストリビューションのような気がする。

でも、使う。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。