スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり短時間で目が覚めてしまった

今日は午後から臨時休業だ何て言っていたのに、結局仕事を終えて寝床に潜り込んだのは午後4時過ぎになってしまった。布団に潜り込んで30分ほど寝つけずにいたが、午後5時には眠りにつく事が出来た。

そして、目が覚めたのが午後7時半。

2時間30分しか寝れなかった。

横になる前に酒を飲まなかったのに、直ぐに目を覚ましてしまった…。

疲れているからだの事を考えれば、6時間以上は寝ていたかったのに、たったの2時間30分しか寝ていることが出来なかったのだ。熟睡なんかには程遠い、ちょっとウトウトして浅い眠りに落ちかけたような感じだ。身体が休まった感じも全くない。逆に体に疲れが溜まった感じがする。

目が覚めてから夕飯を食べたら目が冴えてしまい、再び寝床に潜り込んでも寝れそうにない。

これから仕事をやる気にもなれないので、再び眠くなるまで参議院インターネット審議中継で予算委員会でも観ることにした。

国会の会期中、会議がある時はほぼ毎日見ている。色んな意味で国会中継は面白い。長いこと観ていても飽きない。今観ている今日の参議院予算委員会の録画は、あと4時間弱もある。最後まで観るとすれば、0時過ぎ頃まで観ることになる。その時間になれば、少しは眠くなるだろう。

でも寝酒を飲んで寝るより、国会審議中継を観てから寝た方が不眠症を益々重いものにしそうな気もする…。

あぁ、そう云えば、以前買った睡眠改善薬がまだどこかに残っていた筈だ。後で探しておこう。国会審議の録画を見終わっても眠くならなかったら、ちょっと飲んでみようかな。

【追記】(2011.03.09)
以前に買った睡眠改善薬を見つけたので飲んでみようとしたのだが、説明書を読んだら自分の場合は服用してはいけない薬らしい。市販されている睡眠改善薬は、一時的な不眠による「寝付きが悪い」、「眠りが浅い」といった症状を緩和するもので、日常的に不眠の人は服用してはいけない薬なのだ。さらに睡眠改善薬を服用している間は、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、乗り物酔い薬、アレルギー用薬)を服用してはならない。酷い花粉症に悩まされている自分は、花粉が飛び回っているこの時期、抗ヒスタミン剤を含有する花粉症の薬を服用している。
日常的に不眠の人で、花粉症の薬を服用している自分は市販の睡眠改善薬を服用できないらしい…。
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。