スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震の揺れに慣れてしまう

本日も東北では震度4以上の余震が何回か発生している。

神奈川県東部にある我が家も何度か揺れた。昼には緊急地震速報も携帯に届いた。その緊急地震速報が携帯に届いた時、自分は横になっていた。一週間前の自分ならば、飛び起きて、直ぐにドアを開けて避難路の確保をしただろう。だが、今日は少しウトウトしていたせいもあったが、横になったまま地震の揺れを観察していただけで、起きることすらしなかった。

地震の揺れに慣れてしまっている。

地震が発生し家が揺れ始めると、数秒間、ジッとして揺れの大きさを観察してしまうのだ。

大きな地震ではないだろうといった楽観的な考えが頭の片隅にあるようで、まずは揺れの大きさを確認してから行動しようとしてしまう。これぐらいの揺れなら大丈夫だろうと、お気楽に考えてしまうのだ。

これは怖いことだよ。

自分の住む神奈川県東部は、いつ大きな地震に見舞われてもおかしくない地域だ。現在、我が家を揺らしている地震は100Km以上離れている場所が震源地だ。それらの地震と自分が一番恐れている首都直下型の大地震(南関東直下地震)は違うものである。来るぞ来るぞ言われているが、未だに来ない大地震が南関東直下地震なのである。

今の自分のように地震の揺れに慣れてしまっていると、首都直下型の大地震(南関東直下地震)が発生した時にも迅速な退避行動をとることは出来ないだろう。

首都直下型の大地震が発生した時に、数秒間、ジッとして揺れの大きさを観察するなんてことは、どう考えても駄目だ。地震に対しては、やはり迅速に冷静な行動がとれるようにしなければならない。地震の揺れに慣れてしまうことが無いようにしないといけない。(まぁ、家の真下で大地震が発生したら迅速な行動などとれるとは思わないが…)

そう真剣に考えている自分も確かにいるのだが、あれだけ大きな地震が発生したばかりなのだから、続けて大きな地震が発生することは無いのではと楽観的に考えてしまう自分もいる。

愚かなり…。
関連記事

テーマ : つれづれ日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。