スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンのトラブルを悪化させる人

私はお客さんのご要望で、トラブルに見舞われてしまったパソコンの修理を行うことが多い。簡単に直せるWindowsのトラブルからハードの交換修理まで、年間30~40台の修理が依頼される。私が処理できないトラブルは取引先のパソコン専門店に流すが、多くは私が修理してしまう。

私に修理を依頼してくれる人の多くはWeb制作や管理の顧客なのだが、たまに顧客からの紹介で修理を依頼されることがあります。この紹介で来る修理依頼が辛い…。

この紹介で来る修理依頼が辛いのは、知識の乏しい人が直そうとしていじりトラブルを悪化させてしまい、どうにもならなくなったので修理して欲しいといった場合が多いからだ。さらに、パソコン初心者の人に多いのが、「私は何もしていないのに壊れた」といった修理依頼だ。

何もしていないのに壊れる…?

パソコンのトラブルには必ず原因がある。そして、多くの場合はトラブルが訪れる前に、何らかの症状が現れるものなのだ。この症状を見逃さず、ちょっとした不具合を見つけた時点で対処するようにしておけば、大きなトラブルに見舞われる確率が一挙に下がるのだ。何もしていないのに壊れることなどあまり無い。特にWindowsのOSやソフトに関するトラブルは、使用者が何かやってしまっておかしくなっていることが多い。

何もしていないのに壊れるのでは無い!
何かしたから壊れるのだ!


パソコン初心者がOSやソフトに関するトラブルを自分で直そうとする事は悪いことは全然無い。私自身、何台もの自分のパソコンを直そうとして壊している。このような経験が現在のパソコン修理にも生きている。

パソコンのトラブルを悪化させる人は、とにかく意味無くいじりまわして直そうとする人だ。この行為自体がパソコンを壊している場合があるのだ。

OSやソフトに関するトラブルを直す場合、何をしておかしくなったのかを思い出してから直すのが重要なのである。直したいのなら、決して適当にいじってはいけない。

今年は何台の修理依頼が来るのだろう…。
トラブル発生後にいじりまわしているパソコンは来て欲しくないな…。

でも、来るんだろうな…。
関連記事

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。