スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒を飲みに出かけなくなった理由

原発事故発生以来、夜は1回しか飲みに出かけていない。

夜、酒を飲みに出かけることが不謹慎だと考えて、自粛している訳ではない。こんな時だからこそ、日本の経済活動を停滞させないためにも普通に生活が出来る人は、普通に生活すればよいと思っている。そう考えているのだが、夜は飲みに出かけていない。昼飯を食べに出かけるときは酒を飲むこともあるが、夜は外食もしていないし、酒も飲みに行かないのだ。

後退し始めた景気のせいで収入に陰りが見え始めたのは事実だが、いきなり飲みに行けないほど苦しくなったわけではないし、自分の周りが自粛ムードに包まれていて、一人浮いた行動が出来ないわけでもない。

夜、酒を飲みに出かけなくなった理由は東電の会見にあるのだ。

福島第1原発の事故が発生して以来、東電の会見を極力観るよう心がけている。特に深夜の会見は USTREAM で、欠かさず観ている。この深夜の会見が問題なのだ。会見の始まる時間は決まっていても決まっていないようなもので、何時に始まるのか分からない。会見時間が近づいてきて、初めてあと何分後に始まると分かる始末だ。だから、USTREAM に接続しっぱなしだ。だいたい、午後10時から午前2時ぐらいの間に深夜の会見は行われる。この時間帯は自分が飲みに出かける時間帯と重なるのだ。今は酒を飲みたいと思う気持ちより、東電の会見を観たいと思う気持ちの方が強い。

東電の会見を観たいから、飲みに出かけられないのだ。

自分が東電の会見を観る理由は安心したいからである。

しかし、ここ数日間は安心するどころか、会見を観れば観るほど不安になる。不安を解消できるような明るい情報が出てこないかと観ているのだが、ここ数日間は悪い情報しか発表されない。毎回、グダグダで悪いニュースが多い会見だが、解決に希望が持てるようなニュースも発表されるのではないかと思い、ついつい毎晩みてしまう。

以上の理由で、馴染みの焼鳥屋に2週間以上も顔を出していない。

再び夜に飲みに出かけられるようになる時は、ある程度原発事故を抑えられる兆しが見えて来たときか、こりゃ駄目だと諦めた時だろうか…。

震災前には原発の事など殆ど考えることはなかった。以前は、原発で発生した事故や問題に関するニュースが流れても、すぐに大きな問題ではありませんと言った解説が流された。そして、それを信じていたのだ。今回の原発事故も、すぐに大きな事故にはならないと様々なメディアが解説し始めたのだが、今回はそれを信じて安心することは難しい。

現在も深刻な状況が続いている福島第1原発の事故は、今後どうなっていくのだろうか…。
当分、深夜の会見から目が離せない。

関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。