スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsXP を軽量化した

どう使うか悩んでいた COMPAQ EXS C733 にインストールした WindowXP を自分なりに限界まで軽量化・高速化してみた。COMPAQ EXS C733 の現在のスペックは CPU は Celeron 733MHz で、HDD は 20GB(7,200rpm)、SDRAM/133MHz の 512MB で、チップセットは Intel 815E である。このパソコンにインストールしてあるのは WindowsXP なのだが、普通に使うには少々スペックが貧弱なのである。

WindowsXP の高速化や軽量化に関する情報はネット上に沢山ある。それらの情報と今までの経験から、自分なりに極限までの軽量化を行ったのだ。その結果、そこそこストレスを感じることなく COMPAQ EXS C733 でこの記事を書いている。

最低限必要なソフトとして OpenOffice と GIMP 、Chrome と Firefox をインストールしてある。アンチウィルスソフトには Panda Cloud Antivirus を使用した。

ネットの閲覧は動画や重い Flash コンテンツ以外は問題ない。問題はあるがストレスをあまり感じることなく使用できる。古いパソコンばかり弄っているので、自分の感覚は少々狂っているかもしれないが、まぁ我慢できないほどの遅さは感じない。子供に弄らせるパソコンとして、ちょうど良いぐらいに仕上がった感じだ。

兎に角、今回は余分なサービスを停止させ、デスクトップ環境もクラシック スタイルにし、画面の色も16ビットまで落としたし、不要なアプリやデータだけでなく不要なフォントも削除した。レジストリも弄りまくった。デフラグによるハードディスクの高速化も行った。もう、何をどうしたか覚えていないくらい弄り回した。

結果、タスク マネージャでパフォーマンスを見ると以下のようになった。

タスク マネージャ パフォーマンス

実行しているプロセスの数を 21 まで落とせた。タスク マネージャが起動しているので、何もしていない状態で実行されているプロセス数は 20 になる。PF 使用量も 169MB となっている。これは自分が予想していた数値よりもかなり低い。ネットワークに接続してアンチウィルスソフトを常駐させて使うには、このあたりで妥協しておこう。市販の高速化させるソフト等の使用も考えたが、そこまで金をかける気になれないし面倒くさいので止めた。

とりあえず、普通に使用することを前提とした WindowsXP の軽量化・高速化はこの辺が限界なのではないかと思う。

オーバークロック出来ればもっと楽しめたのだが、このパソコンでそれは無理みたいだ。
壊れても良いから、暇見てチャレンジしてみようかとも考えている。だが、その前に Linux をインストールしてみるつもりだ。WindowsXP と Linux とのデュアルブートを試してから、どうするか考えてみよう。Linux が快適に動くようであれば、そのままにして何かに使うつもりだ。

さて、どんな Linux ディストリビューションをインストールしようか…。
関連記事

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。