スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Salix OS 13.37 "Fluxbox" に Clamav をインストールする

VMware Player で動かす Salix OS 13.37 "Fluxbox" に Clamav をインストールした。

疲れた…。

まず、Gslapt Package Manager で、Clamav を探してみたが、見つからなかった。そこで、Sourcey SlackBuild Manager で探してみた。見つかったのだが、バージョンが 0.95.2 と古い。現時点での最新版は 0.97.1 だ。どうせインストールするなら最新版を入れたい。面倒くさいが、ソースからビルドすることにした。

http://www.clamav.net/lang/en/download/sources/ から、最新版(clamav-0.97.1.tar.gz)をダウンロードしてホームディレクトリに展開する。

ソースをビルドする前に、失敗することを考えて paco をインストールする。paco は Gslapt Package Manager でインストールすることが出来た。

clamav のユーザーとグループを登録する。
# useradd clamav
# groupadd clamav (グループは既に登録されていた)


端末で展開した Clamav のディレクトリに入り、以下を実行する。
$ ./configure
$ make
# paco -D make install


/usr/local/etc/freshclam.conf を編集する。
自分の場合は、8行目の Example をコメントアウトする以外は、下記のような設定(コメントアウトの解除)にしている。
UpdateLogFile /var/log/freshclam.log
LogFileMaxSize 2M
LogTime yes
PidFile /var/run/clamav/freshclam.pid
DatabaseMirror database.clamav.net


次に /var/log/freshclam.log と PIDファイルの設定を行う。
# touch /var/log/freshclam.log
# chmod 644 /var/log/freshclam.log
# chown clamav:clamav /var/log/freshclam.log

# mkdir /var/run/clamav
# chown clamav:clamav /var/run/clamav


ここまで、終了したら以下を実行してウイルスデータベースを更新してみる。
# freshclam


更新されるはずだったが、ここで躓いた…。
実行したら、以下のエラーが吐き出されてしまった…。
freshclam: error while loading shared libraries: libclamav.so.6: cannot open shared object file: No such file or directory


Salix を再起動してもダメ。

色々と調べてみたが、どうしてよいのか分からない。仕方がないので、インストールした Clamav を一度削除する。(paco をインストールしていたので楽だった) その後、Sourcey SlackBuild Manager でバージョンが 0.95.2 の Clamav をインストールしてみることにしたのだ。これが上手くいけば、アップデートして最新の Clamav にしてあげれば良いだろうと考えたのだ。

しかし、ダメだった…。
ダメだったと言うか、途中で諦めた。
途中でインストールが中断してしまい、libmilter がないと怒られたので諦めたのだ。そこで、再びソースからビルドすることにチャレンジ。(Gslapt で sendmail をインストールすれば、中断すること無くインストールできると、当ブログのコメントにアドバイスをいただいたのですが、コメントに気がついたときには再びソースからビルドすることにチャレンジ中だった)

何だかんだで、どうにか動くようなった。

原因は必要なライブラリがシステムに認識されていなかっただけったのだ。/etc/ld.so.conf を開いて共有ライブラリの設定に問題はないか見たときは、/usr/local/lib がちゃんと書き込まれているので大丈夫だと思っていたのだが、書き込まれているだけでシステムには認識されていなかったのだ。

以下のように ldconfig(共有ライブラリを認識させるコマンド)を実行しただけで、問題は解決された。
# /sbin/ldconfig


その後、ウイルスデータベースを更新もホームディレクトリのウィルスチェックも無事に終了。
freshclam の自動起動や havp のインストールは後日にしよう。

やはり、Linux の基礎的な事からコマンドの使用方法ぐらいまでは、しっかりと学習しておいた方がいいな。今後、仕事の環境を Linux に移そうと考えているのだから(もう無理矢理移し始めているが…)、基本だけでも早急に学び直そう。

あぁ、疲れた…。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
パソコンの電源が突然落ちてしまう現象があり辿り着きました。
以前電源ユニットを交換すると直ると記事がありましたので、早速純正で交換しました。とりあえず、電源は落ちなくなったのですが、インターネットにつなぐとまた落ちてしまいます。やはり、交換したてで落ち着かないのでしょうか?
ボタン電池を交換するとよいのではと他の人からはアドバイスを頂いています。

Re: No title

里えび さん、コメントありがとうございます。

自分の場合、何台も電源ユニットの交換をしていますが、交換したてで落ち着かないといったことは無かったような気がします。(マザーボードのメイン電源コネクタが接触不良で落ちることがありましたが…)

インターネットに繋ぐと電源が落ちるといった現象は、ネットの接続や電源に問題があるのではなく、CPU が熱暴走を起こして電源が落ちているのではないでしょうか。インターネットに接続するだけで落ちるのではなく、CPU に負荷のかかる作業をさせると落ちているのでは?

昔、里えび さんと同様な現象(ネットで動画を見ていると落ちる)を体験したことがあります。その時の原因は、CPU ファンにホコリが大量に詰まっていた為に CPU が熱暴走し電源が落ちたといったものでした。CPU ファン自体が、しっかりと取り付けられていない場合も熱暴走を起こします。

CPU の温度やファンの回転数をリアルタイムで調べられるフリーソフト(HWMonitor など)で、CPU を監視しながらインターネットに繋ぎ、CPU の温度が急激に上昇していないか確認してはいかがでしょうか。

最悪の場合、マザーボードのコンデンサ不良も考えられますが…。

ちょっと情報が少ないので、自分にはこれくらいのアドバイスしか出来ません。
申し訳ない…。

自分のアドバイスを鵜呑みにはしないで下さい。
周りに詳しい方が居られれば、良く見ていただくことをおすすめします。

No title

アドバイスありがとうございます。
CPUファンを調べてみます。
確か会社にも自作パソコンが出来る人がいますので聞いてみます。

http://yokohama19.blog137.fc2.com/

自分もえびネタですけどブログやってますので遊びに来てくださいね。
プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。