スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lubuntu 11.04 のメニューが編集できた

Lubuntu 11.04 のメニューが編集できない と散々悩んでいたのだが解決した。

インストールした「LXMED」というメニューエディタで、メニューに表示されているものは変更できる。だが、root権限で起動させるようなアプリケーションは表示してくれないことに悩んでいた。メニューに表示させたいのは、root権限で起動させる BleachBit だ。起動させるコマンドを「gksu bleachbit」に変更しても駄目だった(メニューに表示されない)。

デスクトップ設定ファイルである bleachbit.desktop の書式に間違いがあるのでは?

そう考え、ちゃんと表示されるデスクトップ設定ファイルと内容を比べてみると、「TryExec=su-to-root bleachbit」と書かれた一行を発見した。これは、root権限で起動させるコマンドの書式なのでは思ったのだが、コマンドを「gksu bleachbit」に変更したのだから不要ではないのか…。

「TryExec=su-to-root bleachbit」と書かれた一行を削除してみた。

メニューにroot権限で起動させる BleachBit(as root)が追加された。


これで良いようだ。

【追記】(2011.06.28)
Lubuntu を再インストールした。インストール後、Synaptic パッケージマネージャで「menu」をインストールしてから、「bleachbit」をインストールしたら、メニューに「BleachBit (as root)」が表示された。表示されたので起動させてみると、パスワードの入力を要求してきた。問題ないと思ったのだが、パスワードを入力しても起動しない。

デスクトップ設定ファイルである bleachbit.desktop を開いて編集する。「Exec=su-to-root -X -c bleachbit」を「Exec=gksu bleachbit」に書き換える。前回、「TryExec=su-to-root bleachbit」と書かれていた一行は、「TryExec=su-to-root」と書かれている。前回はこの行を削除したのだが、今回は残す。

メニューの「BleachBit (as root)」をクリックし、パスワードを入力する。
root権限で問題なく起動した。



【追記】(2011.07.02)
その後、LXMED で Lubuntu 11.04 のメニューを編集する の記事のように、メニューを編集することが出来るようになった。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。