スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macpup 525 で青空文庫をよむ(XJP2 のインストール)

VMware Player に Full インストールした Macpup 525 で、青空文庫を読めるようにしたい。

Macpup で青空文庫が読むことが出来るようになれば、中古のノートパソコン(Lavie NX LW43H/1)の OS を antiX から Macpup に入れ替えたいのだ。青空文庫を読むためにインストールするアプリケーションは XJP2 である。今まで様々な Linux ディストリビューションに、失敗を繰り返しながらもどうにかインストールしてきた。今までの経験があれば、今回はスムーズにインストールすることが出来るのでは。そんな軽い気持ちで XJP2 のインストールに取り掛かったのだが…。

今回も嵌る…。

使用している Macpup は lupu_devx_525.sfs をインストールして、開発環境を整えある状態。

以下のライブラリ(ソース)をダウンロードする。

・libiconv-1.13.1.tar.gz
・libXft-2.1.4.tar.bz2

ダウンロードした libiconv-1.13.1.tar.gz を pupzip で、root ディレクトリ内に展開する。
端末(ターミナル)で展開したディレクトリ(~/libiconv-1.13.1)に入り、以下のコマンドを実行する。
# ./configure --prefix=/usr/local
# make
# make install


同様にダウンロードした libXft-2.1.4.tar.bz2 を pupzip で、root ディレクトリ内に展開する。
端末(ターミナル)で展開したディレクトリ(~/libXft-2.1.4)に入り、以下のコマンドを実行する。
# ./configure --prefix=/usr/local
# make
# make install


XJP2 のソースコード(現時点での最新版 XJP2_2.9.3.tgz)を http://sourceforge.jp/projects/xjp-text/releases/ からダウンロードして、root ディレクトリ内に展開する。
端末(ターミナル)で展開したディレクトリ(~/XJP2_2.9.3)に入り、以下のコマンドを実行ればインストールが完了するのだが…。
# ./configure
# make
# make install


make install で以下のようなエラーが、繰り返し出てしまった…。
undefined reference to `libiconv'
undefined reference to `libiconv_open'
undefined reference to `libiconv_close'


/usr/local/include/iconv.h を削除してから、make install を実行したら上手く行った。
(/usr/local/include/iconv.h を削除しても今後の使用に問題が無いのかは不明だ。今後、使用中に不具合が生じるかもしれないが、とりあえずはこれでいいだろう。/usr/local/include/iconv.h を削除するのではなく、一旦、どこぞに保存しておいたほうが良かったかもしれない…。)

後の設定は前の時(青空文庫ビューワー XJP2 インストールの覚書)と、ほぼ同じだ。違う部分は以下の通り。

antiX にインストールした時は「.xtext」という名前のディレクトリを作成したと思ったのだが、今回は XJP2 のインストール後に自動的に作成されていた(自分で作ったのを忘れていたのかもしれない)。「~/XJP2_2.9.3/doc」のディレクトリ内にある xtext.conf.sample を「~/.xtext」コピーし、ファイル名を xtext.conf に変更する。とりあえず、xtext.conf の編集は BOOK_DIR の部分を「BOOK_DIR: /root/.xtext/book/」と書き換えただけで、今回はフォントの設定は行わなかった。

青空文庫のサイトから、読みたい作品の zip で圧縮されたテキストファイルを二つほど「~/.xtext/book/」ダウンロードする。

端末(ターミナル)で以下を実行して、XJP2 を起動させる。
$ xjp


無事起動した。

Macpup XJP2 青空文庫

【追記】(2011.07.07)
XJP2 インストール後に「.xtext」という名前のディレクトリを作成しないで、XJP2 を起動させると「.xtext」という名前のディレクトリを作ってくれるようだ。しかし、xtext.conf が「.xtext」ないので、XJP2 は起動してもちゃんと動かない。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。