スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不良に絡まれない方法

このブログのアクセス解析を見ると、相変わらず「不良に絡まれない方法」といったキーワードで検索して訪問される方が多い。その方たちが見ていくのは、2009年10月に書いた「不良に絡まれない友人の知恵」という記事なのだが、この記事は「思い出・馬鹿話」のカテゴリーに書いた自分の学生時代の馬鹿話だ。本当に不良に絡まれない方法を知りたい人には無意味な記事である。

真剣に「不良に絡まれない方法」が知りたい方に非常に申し訳ないので、ちょっと真面目に「不良に絡まれない方法(不良に絡まれたときの対処法)」について書いてみることにした。

学生時代の自分はワルでは無いが、真面目な学生でも無かった。半端な不良のような感じだったと思う。あまり絡まれたことは無い。中学時代に2回ほど、高校時代に3回ほど絡まれたぐらいだったと記憶している。地元では絡まれたことは殆ど無い。地元の不良達の中には仲の良い友達も多かったからだ。自分にとって地元はどこも安全地帯だった。

しかし、ちょっと遠出すると危険地帯だ。絡んでくるのは見知らぬ不良達。自分が絡まれたときは、こちらが一人で不良が2~3人のパターンが多かった。群れで絡んでくるのだ。絡まれ喧嘩になってボコボコにされたこともあるし、因縁をつけられただけで終わりだったこともある。絡まれて逃げたことは無い。周りにいた人が止めてくれたことも無かったな。

ボコボコにされた時は、こちらも舐められないように向かっていった時。
因縁をつけられただけで終わった時は、堂々と無視した時。


絡まれた時は無視するに限ると思う。

でも、堂々と無視しないといけない。オドオドして聞こえない振りをするのは駄目だ。絡んでくるような不良は自分達に怯える人間を見ると喜んでしまう。自分の場合は相手が何か因縁をつけてくると、「ああっ!(文字では表現しずらい)」と一声放ってから無視。この「ああっ!」の中には「喧嘩なら買ってもいいぞ!」という気持ちが入っている。そのぐらいの覚悟は必要だ。遊び半分の気持ちで絡んでくるような馬鹿は、この一言で絡んでこなくなる場合が多い。

ここまでは、自分が若かった頃の話。今の不良は自分の若かった頃と違うかもしれない。だから、この話は参考にしないでください。堂々と無視したって、喧嘩になることもあるでしょう。

次は参考になるかも知れない話だ。

中学生時代の友人で、よく遠出しては不良に目をつけられて絡まれている奴がいました。何でそんなに絡まれるのか不思議なくらいでした。その彼が考えた「不良に絡まれない方法」をご紹介しましょう。

不良の居る場所には行かない。

不良の居そうな場所や居そうな時間帯を避けて日常を過ごせるならば、これ以上の答えは無いでしょう。これはこれで正解だと思います。しかし、自分が通っている学校に居る不良が絡んでくる場合や、どこへ行っても周りが不良だらけの場合には使えませんな。

では、どうすればよいのか?

不良に絡まれやすい人は、どこか心に隙があるのではないでしょうか。不良が屯しているのを見て、オドオドしてしまいませんか。急に下を向いたりしませんか。奴らは人をみて絡んでくるのです。

不良に遭ってもオドオドしないで、堂々と無視する。

自分はこれも重要だと思います。

堂々と無視することが出来ないならば、踵を返して全力で逃げなさい。

自分のプライドが逃げることを許さないなら全力で立ち向かっていけば良いし、こんな馬鹿と喧嘩して怪我などしたくないと思うなら全力で逃げれば良いだけのことです。考え方は人それぞれ、対処方法も人それぞれです。

不良の居る場所には行かない。
不良に遭ってもオドオドしなで、堂々と無視する。
堂々と無視することが出来ないならば、踵を返して全力で逃げる。
プライドが逃げることを許さないなら全力で戦う。


不良に絡まれて悩んでいる方に少しでもアドバイスになればと思い色々と書いてみましたが、上手くまとまっていない感じがします。「不良に絡まれない方法」といったキーワードで検索して訪問される方は中高生だと思うんだが、どんな子がどんな状況で絡まれてるのかわからないのでこんなアドバイスしかできません。

この記事を鵜呑みにして酷い目に遭わないでくださいね。
所詮、駄目人間が考えて書いたことだからね。


関連記事

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。