スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bodhi Linux 1.3.0 日本語化

非常に軽い Bodhi Linux 1.3.0 を古いパソコンで使用する前に、VMware Player で弄る。一度、インストールした Bodhi Linux 1.3.0 を削除して、今度はハードディスクの容量を前回より少なく設定してから、再び VMware Player にインストールした。

次に Bodhi Linux 1.3.0 の日本語化だ。自分の場合、とりあえず日本語表示と日本語入力が出来れば問題ない。Ubuntu ベースなので日本語化するのも簡単だ。

1. 日本語フォントをインストールする。
メニューから[Settings]→[All]→[System]→[Synaptic Package Manager]を起動して、日本語フォントをインストールする。とりあえず、今回は IPAfont だけをインストールした。
bodhi 1.3.0 japanese 1

2. Language Support(Language & Text)を起動し、日本語をインストールする。
メニューから[Settings]→[All]→[System]→[Language Support]を起動して、日本語をインストールする。
bodhi 1.3.0 japanese 2

3.日本語に設定を変更する。
まず、Text の設定を日本語に変更して、「Apply System Wide...」のボタンをクリック。
bodhi 1.3.0 japanese 4

続けて、Language の設定も日本語に変更して、「Apply System Wide...」のボタンをクリック。
bodhi 1.3.0 japanese 5

4. Language Setting(言語の設定)を起動し、日本語を選択する。
メニューから[Settings]→[All]→[Language]→[Language Setting(言語の設定)]を起動して、日本語を選択し、「Apply(適用)」をクリック。
bodhi 1.3.0 japanese 6

5. Input Method Setting(入力方式の設定)を起動し、日本語入力を設定する。
メニューから[Settings]→[All]→[Language]→[Input Method Setting(入力方式の設定)]を起動して、「ibus」を選択し、「Apply(適用)」をクリック。
bodhi 1.3.0 japanese 7

6. 日本語入力を確認する。
Leafpad(Text Editor)を起動して、日本語を入力してみる。
bodhi 1.3.0 japanese 8

7. メニューを確認する。
日本語での表示は、まだ中途半端な状態だ。
bodhi 1.3.0 japanese 9

8. Enlightenment を再起動する。
メニューから[Enlightenment]→[Reboot(再起動)]をクリック。Enlightenment の再起動後、以下のようにメニューの各項目がほぼ日本語表示されるようになった。
bodhi 1.3.0 japanese 10

自分の場合、とりあえず日本語環境はこれで良い。

Bodhi Linux 1.3.0 インストール
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。