スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 9.04 カーネル最適化 失敗1

先日、弄くり回した「PC STATION G270RWB」には、トリプルブートで Vine Linux 4.2 と Ubuntu 9.04 、 Xubuntu 9.04をインストールしてみた。

とりあえず、ネットの閲覧や、テキスト編集などの作業で使用できるレベルにあるのは、Vine Linux 4.2 だけ。Ubuntu も Xbuntu も、アプリケーションの動きが若干遅い…。我慢できないレベルではないが、少々イラつく。

一番、使用したいのは Ubuntu なのだが、これが一番遅い。Ubuntu は人気のディストリビューションだから、ネット上での情報が豊富だ。初心者には敷居が高い Linux でも、Ubuntu なら比較的簡単に導入できると思う。Linux 再勉強中の自分は、情報が豊富に揃うディストリビューションがどうしても使いたいのである。

そこで、様々な軽量化や高速化を試してみた。
起動が速くなった! 使い心地も悪くない!

次にセキュリティを強化してみた。
起動が遅くなった…。 何かモタつく…。

これ以上、軽くできないし、高速化も無理そうだ…。

残された道は、カーネルの最適化ぐらいしかない。カーネルの最適化まではやらなくてもいいんじゃないかと思っていたのだが、使い心地に妥協はできない。

調べてみれば、さほど難しいことでもなさそうな気がしてきたので、初めてのカーネル最適化(再構築)を行うことにした。

コンパイラの環境を整えるために、必要なパッケージをインストールする。そして、カーネル・ソースもインストールする。

インストール後に、ソースを展開してみると…。
何やら、おかしい。
端末に現れる、不穏な文字列…。
エラーですか…。

この段階で、エラーですか…。

どうも linux-source がちゃんとインストールできなかったようだ。

再度、 linux-source をインストールしようにも、全然ダメ…。どうやっても、ちゃんとした linux-source がインストールできない。

とりあえず、今回はカーネル再構築は失敗と諦めた。
関連記事

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。