スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Semplice Linux 2.0.2 を VMware Player で試してみる

Semplice Linux 2.0.2 を VMware Player で試してみた。

Semplice Linux は、イタリア産のシンプルで高速かつ軽量な Linux ディストリビューションで、X Window Manager には Openbox を使用している。

LiveCD を起動させると、言語とキーボードレイアウトを選ぶダイアログが表示された。Language で Custom を選択し、Custom Language の入力欄に「ja_JP.UTF-8」を入力する。Keyboard Layout の入力欄には「jp,jp106」を入力した。そのまま立ち上げてみると、日本語表示が出来るようになっていた(一部のアプリを除く)。

なかなか宜しいのではと思い、そのままインストールしてみようとしたのだが、インストール先の仮想ドライブにパーティションが切っていなかったために、途中でインストールを進められなくなってしまった。一旦、インストールを終了して、仮想ドライブのパーティションを作ることにする。

メニューから Synaptic を起動させて、Gparted をインストールする。インストールした Gparted を起動させて(メニューからは起動しないので、システムターミナル・スーパーユーザーモードを起動させて、gparted をコマンドで起動させた)、仮想ドライブのパーティションを作った。

再度、Semplice Linux のインストールを試してみる。

今度は問題なくインストールが進み、完了した。

再起動後に、日本語入力を出来るようにするために以下のものをインストールした。

・ibus
・ibus-anthy
・im-switch

インストール後に、im-switch を起動させて ibus を選択する。
とりあえず試しに使うだけだし、現状で日本語表示が出来ているので、日本語フォントはインストールしなかった。

再起動させてみる。

日本語の入力も問題ない。

そこそこ軽い。

Semplice Linux 2.0.2

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。