スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 9.04 カーネル最適化 成功1

旧型デスクトップ(PC STATION G270RWB)で Ubuntu が使いたい…。
それも、デスクトップ環境は「GNOME」で使いたい…。

快適な動作を求めて様々な対策を行ったのだが、どうにも快適とは言い難いのだ。ネットの閲覧でも、少々イラつくし、OpenOffice もモタつく…。

そこで、一度は諦めたカーネルの最適化を再び実行することにした。

旧型デスクトップには、どのディストリビューションが適しているかをテストするために、トリプルブートにしてある。インストールしてあるのは、Vine Linux 4.2 と Ubuntu 9.04 、 Xubuntu 9.04 だ。前回、カーネルの最適化に失敗したのは、Ubuntu 9.04 なのだが、これを再インストールする気にはならない。散々時間をかけて環境を整えたので、これを再インストールするのは嫌なのだ。しかし、前回の失敗した時から、どうやってもちゃんとした linux-source がインストールできないのだ。

再インストールしようか迷ったが、やっぱり止めだ。再インストールはしない。そこで、Vine Linux を削除して、ここに新しくカーネルの最適化(再構築)だけを行うために Ubuntu をインストールすることにした。

Vine Linux 4.2 がインストールされているパーティションに Ubuntu 9.04 をインストールする。起動後にアップデートを行い、コンパイラの環境を整えるための必要なパッケージをインストールする。そして、カーネル・ソースもインストールする。ソースを展開して、カーネルのオプションを設定する。何の問題もなく順調に進んだ。

カーネルを再構築する。

えらい時間がかかった…。
3時間ぐらいで終わるかなと思っていたのだが…。

測っていたわけでは無いので、正確な時間は分からないが、だいたい6時間から7時間ぐらい再構築にかかったようだ。

再構築したカーネルをインストールして、再起動する。

気になる起動時間を Bootchart でチェックする。
Ubuntu 9.04 をインストールしただけの状態では、起動時間が44秒だった。最適化したカーネルでは、起動時間が40秒になっている。動作環境はさほど快適にはなってないようだが、不都合もなさそうなので、環境を整えてある Ubuntu に、このカーネルをインストールする。こちらの Ubuntu には、いろいろと手を加えているので、起動に60秒もかかる。最適化したカーネルで起動すると、起動時間は56秒になった。これ以上の高速化は無理そうだ。

カーネルの最適化(再構築)に成功し、起動時間も若干短縮されたが…。

期待していたほど快適になったわけではないな。もっとカーネルのビルド・オプションを勉強しなければダメだと痛感した。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。