スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIO PCV-RZ73CP 電源が入らない

Dynabook Satellite が壊れて、使い物にならなくなってから4日しか経っていないのに、またもや自己所有のパソコンが壊れた。

もう、うんざりだ…。

仕事にならない…。

今度は、SONY VAIO PCV-RZ73CP が壊れた。このマシンは壊れて使い物にならなくなった Dynabook Satellite の代わりに使おうと考えていたのに…。

VAIO PCV-RZ73CP は3ヶ月前にリカバリーだけして、使用はしていなかったものだ。今朝、周辺機器を繋いで、電源を入れると普通に問題なく起動した。Windows Update と メーカーが提供するアプリやハードのアップデートも問題なく終了した。本格的に使用する前に、ウィルスチェックを行った。しばらくチェックしていたのだが、突然電源が落ちる。その後、何をしても起動しない。

VAIO のサポートサイトで色々と調べてみた結果、マザーボードか電源部の故障らしいことが判明する。電源ユニットの交換なら自分で出来るが、マザーボードの故障となると自分では無理だ。ジャンクの PCV-RZ73CP を購入して、直すことも考えたが止めた。

今の自分には、直す気力が無い。

直す気力だけでなく、直している暇が無い。

兎に角、メーカーで故障原因を調べてもらうことにする。修理窓口に連絡して症状を伝える。とりあえず、修理見積もりを必ず連絡してくれるように依頼して、壊れた VAIO PCV-RZ73CP を取りに来てもらうことにした。修理する場合の修理期間は10日間ぐらいらしい。

気になる修理費用は、ディスクトップの場合は4万5千円前後が平均的にかかる修理費用だといわれた。これが高いと感じるのか安いと感じるのかは、人それぞれでしょう。全てのハードを点検し、マザーボードと電源を交換するのであれば、高くない気もするが、4万5千円も払えば、中古で同じものが買えないか? 面倒臭いので調べてないが、似たスペックのパソコンなら買えるような気がする。

とりあえず、見積もり金額が提示されるまでは待つしかない。3万円を超える修理費用なら、 VAIO PCV-RZ73CP は部品取りにする。

本格的に使用する前であったために、Windowsの環境を整えたり、ドライブの増設などを一切行っていなかった。あまり手間隙をかけていないマシンだったので、Dynabook Satellite が壊れた時よりはダメージが少なかった。

今月はトラブルが多いな…。

関連記事

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒泉童子

Author:酒泉童子
 
現世利益の神仏から、商売繁盛のご利益を! 仕事の備忘録と日々の思いを書きなぐります。
パソコンの修理やLinuxに関する掲載記事の内容については、管理人は何ら責任を負えません。記事を参考にして修理や設定を行う方は自己責任で行ってください。

特にLinuxに関する記事は注意!
失敗から学べ!」を実践している記事内容になっています。ご注意下さい!



にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。